野良猫への餌やり、やめました。でも行く末が心配…助けてください!

 

しんコロさんの回答

質問者さんはやって来た野良一家の愛らしさとゴミ荒らし防止から、きっと良かれと思って餌やりを始めたのでしょうね。その後、長期的にはねこ達にも地域にも良くないとお気づきになられて、近隣の方々にもお詫びをされたとのことですね。質問者さんの懺悔なお気持ちや、ねこたちの行く末を心配するお気持ちをお察しします。

さて、そのねこたちや地域に対して質問者さんができることとして、地域に野良ねこを捕獲して慣らし里親に出す支援をしている団体がないかまず調べてみるのはいかがでしょうか?もしそういった団体が近くになければ、TNR(Trap:捕獲、Neuter:不妊手術Return:元の場所に放すこと)活動をしている地域団体や、TNR 活動に協力している動物病院に連絡を取り、彼らが対応できるか、もしできなければ他にできる団体を知らないか問い合わせてみるのはいかがでしょうか。

TNR をしてもねこのゴミ荒らしは減らないとか、餌を与える人たちの免罪符だという意見もありますが、TNR が長期的には野良ねこのむやみな増加を実際に防いでいるという学術的な研究報告もされています。そして野良の増加を防げれば、必然的に地域の衛生状態の向上にも結びつきます。

参考までにTNR 活動を支援している公益財団法人のサイトを貼り付けておきます。このサイトの中にTNR 依頼申請や協力病院の情報などがあります。

 image by: Shutterstock

 

しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」

著者:しんコロ
ねこブロガー/ダンスインストラクター/起業家/医学博士。免疫学の博士号(Ph.D.)をワシントン大学にて取得。言葉をしゃべる超有名ねこ「しおちゃん」の飼い主の『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』ではブログには書かないしおちゃんのエピソードやペットの健康を守るための最新情報を配信。
≪初月無料/購読はこちらから≫

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 野良猫への餌やり、やめました。でも行く末が心配…助けてください!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け