米史上最悪「フロリダ銃乱射」事件さえも政治利用する大統領候補たち

shutterstock_436102597 copy
 

フロリダ州のナイトクラブで起こった銃乱射事件は50人の犠牲者を出し、米国史上最悪の銃撃事件となりました。父や元妻などの証言から射殺された容疑者の人物像が少しずつわかってきましたが、全米を震撼させたこの事件を防ぐ手段はなかったのでしょうか。そして銃規制、移民・同性愛者差別など、この事件が大統領選に与える影響は?メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』の著者で、米国在住の作家・冷泉彰彦さんが詳しく分析しています。

フロリダ乱射事件とその影響

一回の乱射事件で50名が殺害されるというのは、アメリカの銃撃事件の歴史の中でも最悪のものでした。現時点での事実関係を整理しておきますと、事件が発生したのはフロリダ州オーランド市にある有名なゲイ・ナイトクラブパルス』で6月12日東部時間午前2時ごろに銃撃が発生しています。当時、店内には200名以上の客がいたようです。

警察の発表によれば、狙撃犯はナイトクラブのトイレに立てこもったので、SWATチームは建物の外側から車両を突入させて壁に穴を開け、人質を逃すと共に、外へ出てきた狙撃犯を銃撃戦の末に射殺したとしています。

犠牲者数に関して、当初は20名」とされていたのが、事件発生後10時間ほどを経て急に「50名に増加したのは、当初は「爆発物の残留が懸念されており、二次被害を避けるための爆発物処理班の活動が優先されたためで、警戒が解除されることで、初めて更に30名の犠牲者の存在が確認されたということです。

現時点では、50人の死者に加えて53名の負傷が確認されています。極めて大規模な被害となったために、近隣の救急病院も、救急隊もすぐにキャパシティがあふれてしまい、重篤な負傷者に関しては自家用車での搬送や、場合によっては市民が人力で搬送するなど混乱を極めたようです。

このナイトクラブでは、この晩は「ラティーノ・ナイト」というイベントが進行中で、ヒスパニック系の人々が多く集まっていました。犠牲者の中ではプエルトリコ系の人が目立っているそうです。

ちなみに、このナイトクラブ「パルスの位置ですが、オーランド市といってもアムトラック駅の至近であり、いわゆる「オーランドダウンタウン」のエリアに属します。従って、ディズニーやユニバーサルなどのテーマパーク地区とは、全く別の地区であることは確認しておきたいと思います。

一部の報道では、この狙撃犯はディズニー・リゾートも狙ったという情報があるようです。ですが、正確に言うと今回の事件現場となったダウンタウン地区にある、「ディズニー・ダウンタウン」という施設も襲撃候補に入れていたということであり、そもそも金属探知を含むセキュリティ・チェックの厳しい「ディズニー・ワールド」のことではありません。

print

  • 米史上最悪「フロリダ銃乱射」事件さえも政治利用する大統領候補たち
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け