小売店は大盛況な「猛暑日」、なぜ百貨店は客足が落ちるのか?

shutterstock_254582287
 

猛暑日に百貨店が行う割引や各種サービスが話題となっていますが、その裏には百貨店側の「止むに止まれぬ深刻な理由」があるようです。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、天候と各業態の興味深い関係について解説してくださっています。

百貨店の「猛暑日サービス」が活況、「スイカのプレゼント」「アイスの割引」など続々

百貨店での「猛暑日サービス」が活況を呈しています。新宿高島屋では8月31日まで、気象庁発表の天気予報で翌日の最高気温が35度以上となった場合、その翌日に「猛暑日サービス」が実施されます。カットスイカのプレゼントやジュースの割引、ミストを使用したお化粧直しを行うなど、各種サービスを提供しています。

東武百貨店池袋本店も7月28日から8月24日まで、同様の「猛暑日サービス」を実施します。塩あめやペットボトルの水、麦茶のプレゼント、ソフトクリームの割引などを行うとしています。

名鉄百貨店本店では8月23日まで、前日の最高気温予報が33度を超える日は「ハッピー33デー」を実施しています。数量限定の特典商品のプレゼントや増量サービスなどを行っています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • 小売店は大盛況な「猛暑日」、なぜ百貨店は客足が落ちるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい