「ポケモンGO」大ヒットも245億円の赤字。任天堂の厳しい台所事情

shutterstock_454670209 copy
 

「ポケモンGO」の爆発的人気で勢い付いている「任天堂」ですが、直近の決算は最終損益が245億円の赤字と、非常に厳しいものになっています。最近ではヒット商品にも恵まれていないようですが、「ポケモンGO」で一気に名誉挽回となるのでしょうか?無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが分析しています。

円高の煽りを受け、海外での売上げが大きく減少

任天堂の2017年3月期第1四半期(4~6月)決算は、売上高が619億円(前年同期比31.3%減)、営業利益が51億円の赤字(前年同期は11億円の黒字)、最終損益が245億円の赤字(前年同期は82億円の黒字)となりました。

ポケモンGO」の爆発的な人気により注目を集めていた同社の決算は厳しい数字が並びました。同社は「ポケモンGOによる連結業績への影響は限定的」と既に発表しています。業績予想の修正を行わないことも表明しています。

赤字となった大きな要因は、為替レートが大きく円高に推移したことが影響しました。同社の海外売上比率は7割以上を占めています。そのため、円高の影響により売上高が減少しました。最終損益は為替差損が350億円発生したことが影響しました。米ドル(1USドル)に限っては、前期期末の為替レートは112.68円だったのに対し、当期四半期末は102.91円となっています。10円近い円高となりました。同社の当期四半期末におけるUSドル建現預金は21億ドルを超えています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • 「ポケモンGO」大ヒットも245億円の赤字。任天堂の厳しい台所事情
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい