「好きな仕事で稼いだ方が良い」と断言できる、これだけの理由

shutterstock_289949426 copy
 

みなさんはどんな理由で今の仕事をしていますか?楽しいから、お金のため、独立の下準備…さまざまな理由がありそうですが、恋愛アドバイザーの月岡奈津子さんは、自分の「好きなこと」を仕事にすることで、自分も周りの人も「発展」していくことができると、自身のメルマガ『悩みは自分で解決できる! ~男と女と、お金と、自分~』で、経験を交えながら述べています。

好きな仕事で稼いだ方が良い、本当の理由

私は好きな仕事ができるようになって痛感していることがある。

人はその人が放射するエネルギーに反応しているということだ。

恋愛相談に乗ってアドバイスすることは、相手の内面的な世界に踏み込むことを意味する。

ほとんど初対面の相手の繊細な世界にズケズケと入り込み、心を刺激することになる。

そのとき、相手は私の言葉や思いを受け取る訳だが、そこには私特有の恋愛観や人生観がエネルギーとして放射されている。

洋服を売ったり食品を売っている仕事よりもダイレクトに相手の心に訴えるこの仕事は、いつだって人を傷付ける危険があるし、嫌われる可能性がある。

だが、それと同じくらい、相手の心を響かせることができたり、私の真意が伝わってこちらも感動的な経験ができる場合もある。

極めて感覚的な悩みに対して真摯に寄り添い、解決策や突破口をアドバイスするとき、相手もハッ!とヒラめく瞬間があって、そういう感覚を伝えてくれることもあるし、私も相手の言葉にハッ!として鳥肌が立つことも多い。

私が仕事で扱っている「商品」が、自分の経験から来る知識だったり知恵だったりするので一般的な仕事よりも余計に感じることなのだろうが、私と相談者双方のエネルギーの交流交換共鳴のようなものが起きて、自分でも予想外の結論に到達したとき、私は相談者のエネルギーが明るく元気になったことを感じる

それは、一言でいうなら発展のエネルギーだ。

「なんだかこれからが楽しみになりました」とか、「元気になりました」「スッキリしました」などと言う感想を頂いたとき、相手は自分の未来に何らかの「光」を見出している。

(もうひと踏ん張りできるんじゃないか)とか(もう少し頑張ってみようかな)とか、自分の中にある希望に気付いて(もっと成長してみよう)と思えたとき、人は発展のエネルギーを放射している。

私が自分の好きな分野で活動をして、そこにワクワクする気持ちを持ちながら精進し、(彼女の悩みの本質は何だろう?)と考えて(これじゃないかな?)と推測し、それを相手に伝えたときに相手が何かを感じて、自分の過去を振り返って何かに気付いたり何かを思い出したり、(あぁ、そうか)と納得できたりする

私が好きな活動でワクワクしながら、相手にとっての楽しく明るい未来を想像したときに見えてきた見解をアドバイスして、それが相手の未来に希望を感じられるものだったとき、相手も自分の人生に明るい未来を感じている

私の「こう捉えれば良いのでは?」という見解は発展のエネルギーを含んでおり、行き詰まった相談者の人生にも発展が潜んでいることに気付いてもらえれば、本人も発展のエネルギーを感じ出して、今までとは違う視点で頑張ってみようと思ったりする。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 「好きな仕事で稼いだ方が良い」と断言できる、これだけの理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け