【いじめ】始業式の9月1日に自殺が急増。なぜ学校は「隠す」のか?

 

いじめ自殺防止のための共同宣言

学校に行きたくなかったら、行かなくても良い。

学校は行かなくてはいけない場所ではないから、君にとっての地獄なら、行かなくていい。うまく説明できなくてもいい、泣いてもいい、ただ、教えて欲しい、何があったのか?何が起きたのか?

もし、今、話すことがつらかったら、話せる時まで、私たちは待ちます。

命はリセットできない。

想像して欲しい。君が居なくなってしまったら、君の大好きな人たちは、どれだけ悲しむか?

君をいじめていた人たちは反省するのか?守れなかったと悔やむ大人や友だちはどれだけいるのか?

きっと、いじめが自殺の原因だったと、なかなか認めてもらえない。

誰も罪を償わない。しばらくすれば、忘れられてしまう。

ならば、逃げよう。

逃げる場所は必ずある。逃げる場所がわからなかったら、きけばいい。

もしも、君が戦うのなら、このイジメ撲滅宣言に賛同した全ての団体と全ての人たちが、君を徹底的にサポートする。

もしも、君が逃げるなら、このイジメ撲滅宣言に賛同した全ての団体と全ての人たちが、君の逃げ場を探す。

私たちは、君が声をかけてくれないと、君を見つけ出すことはなかなかできない。
だから、教えて欲しい。

私たちは、君の話を聴く。

私たちの中には、君の元へ駆けつけて、直接助ける人も団体もある。

だから、ちょっとだけ勇気を出して、連絡して欲しい。

近くにいる大人にでもいい、相談して欲しい。

もしも、イジメが近くで起きているなら、教えて欲しい。

イジメられている本人が、声をあげられないかもしれないから、声をあげられる人は、声をあげて欲しい。一人では大変なら、私たちに連絡してくれればいい。

必ず、その勇気に報いるサポートをする。

発起人:阿部泰尚(NPO法人ユース・ガーディアン代表理事、T.I.U.総合探偵社代表)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【いじめ】始業式の9月1日に自殺が急増。なぜ学校は「隠す」のか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい