なぜ全米メディアは「ヒラリー重病説」をこれほど騒ぎ立てるのか?

shutterstock_352127228
 

ヒラリー氏が911の慰霊式典で体調不良を訴え途中退席したことが大きな話題となっています。言うまでもなく大統領候補の健康問題はその後の選挙を大きく左右しますが、今回は「肺炎」と病名まで公表したにも関わらず、この件に関する報道は収まる気配がありません。メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』の著者で作家の冷泉彰彦さんは、そこに「メディアの思惑がある」と鋭く指摘しています。

大統領選と候補の健康問題

911の慰霊式典が行われたのですが、この日は大変な猛暑となりました。実は、その直前の8日(木)から10日(土)の3日間が「戻り残暑」とでも言うべき天候となり、11日(日)は寒冷前線が通って爽やかに晴れるはずだったのです。

ですが、実際のところは前線通過はお昼前後となり、この日の午前中は異様な蒸し暑さでした。私の住むニュージャージーでは、午前8時頃から異常な高温でしたから、お隣のニューヨークでも同様だったと思われます。

そんな中、この慰霊式典には多くの政治家が参列していました。一時は招待しないということになっていた、ヒラリーとトランプも列席していました。もっとも、政治家のスピーチはなしで、スピーチということでは今回は「遺児代表」の25歳の青年が喋ったのがなかなか好評でした。

この青年ですが、父親を亡くした心の傷を背負っていた中で、コネチカットのサンディーフック小学校で乱射事件の被害にあって、友人を大勢亡くした子供たちを激励するボランティアをやったのだそうです。自分より若い人を助けることで、自分も救われたといういい話でした。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜ全米メディアは「ヒラリー重病説」をこれほど騒ぎ立てるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい