無名時代の三谷幸喜が関わっていた、ビートたけしの戦国時代劇

shutterstock_206738281
 

元TBSディレクターにして、現在はロスで起業し、「Wowmax Media! 」を経営する海部正樹さんによるメルマガ、『ロサンゼルスで起業してしまったボクの本気メルマガ!』。今回は、話題の人気大河ドラマ「真田丸」の脚本家・三谷幸喜さんとの懐かしいエピソードです。当時TBSのADだったという海部さんと、無名の構成作家だったという三谷さんとの意外な関係とは? そして当時、ビートたけしさんや「たのきんトリオ」が出演した戦国時代劇に、無名時代の三谷さんが関わっていたとのことですが……。

あの大劇作家に嫌われてしまったお話

海部正樹です。

衛星放送の有料チャンネルで「真田丸」を観ていて思い出したことを書きます。 わたしがTBSのAD(アシスタントディレクター)時代に担当していた笑ってポンというバラエティ番組がありました。 前番組「突撃HOTスタジオ」(ちなみにホットではなくハットスタジオと読みます。 笑)が7回で打ち切りになったことを受けて、同じスタッフと出演者で大急ぎで開発されたものでした。

なかなかの豪華キャストでビートたけしさん、たのきん(田原俊彦さん、近藤真彦さん、野村義男さん)、松本伊代さん。

ちなみに「笑ってポン」という番組タイトルに決まった経緯なんですが、エキストラ出演者専門のプロダクションのマネージャーの口癖なんです。 この男性マネージャーは仕事熱心で、収録の合間に自分のところで手配したエキストラさんに丁寧に芝居をつけていました。 なかなか仕切りが良いひとで、エキストラさんだけのリハーサルを頻繁にやってました。 このときのスタートの掛け声が「よおい!ぽん!」。 これをチーフディレクターが気に入り、仮タイトルは「よーい!ぽん!」でした。 ところが編成でダメをくらい(そりゃそうだ)、「笑ってポン」になったという訳です。 まあ、どっちでもしょうもなさは同じようなものです。

企画内容は前番組「突撃HOTスタジオ」のコーナー企画だった「たけしのテレビ番組ガイド」をまるまる番組に拡大したもの。 たけしさんがアナウンサー役で、架空のテレビ番組を紹介するという趣向です。 それがショートコントになっていて例えば「ミニドラマ 家族の夕食」というのは、お茶の間のミニチュアセットの中で、普通のホームドラマをやるという趣向。 窮屈そうにままごとのようなセットでご飯を食べるシーンでした。 「暴れん坊奉行」は近藤真彦扮する江戸町奉行が、ただひたすら暴れて大きな奉行所セットを壊して行くといういうもの。

print
いま読まれてます

  • 無名時代の三谷幸喜が関わっていた、ビートたけしの戦国時代劇
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け