中国が迎えた王朝崩壊期。権力闘争本格化で追い詰められた習近平

ou20160923
 

先日明らかになった、習近平氏の側近の失脚。来年秋の党大会に向けてさらなる権力集中を目論む習氏にとっては大きな痛手であることは間違いありません。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、激化する中国政界の権力闘争を「つねに中華王朝の末期、崩壊前夜に見られた現象」とし、「中国が今後没落する宿命は避けられない」と言い切っています。

【中国】元側近の失脚と人民の嘲笑で末期的状況な習近平王朝

非主流派が習近平氏一派の粛清統治に「反撃」開始か

習近平の側近として知られる天津市のトップ黄興国が「重大な規律違反」の疑いによって党の取り調べを受けていることがわかりました。事実上の失脚です。

習近平が反腐敗運動を進めてきたことは周知のことですが、これまで元党中央常務委員だった周永康や軍人トップの郭伯雄ら江沢民派、そして胡錦濤の側近だった令計画などを汚職の罪で失脚させ、江沢民派や共産党青年団団派といったライバルを牽制し、権力を自らの手に集中させようとしてきました。

ところがその司直の手が自らの陣営にも伸びてきたということですが、これについて、江沢民派や団派の逆襲説などさまざまな憶測が飛び交っています。失脚した黄興国は2015年8月に起きた天津での大爆発事故当時も天津のトップでしたが、責任を負わされることもなく、2017年の共産党大会で中央政治局入りが有力視されていました。

失脚した黄興国の後釜として、江沢民派の李鴻忠湖北省党委書記を充てる人事が発表され、江沢民派の巻き返しという説は、ますます有力視されています。

天津市トップに江派の人物、習派摘発の後任に

台湾でもこのニュースは大きく報じられていますが、ところが論調はかなり異なります。聯合報によれば、消息筋の話として、黄興国の徹底的な調査を紀律検査委員会の王岐山に求めたのは習近平だったとしています。

最近、幹部に対して自らへの絶対忠誠を強く要求している習近平は、自らの出身母体である浙江閥の重用についての疑惑を払拭し、かつての仲間に対しても「調子にのるな」と警告して、党の全体に「誰も安全な者はいないということを認知させようとしている、とのことです。

天津市代書記黄興國下台 巨爆秋後算帳?

とはいえ、これもどこまで本当のことかわかりません。もともと派閥もなく、味方の少ない習近平にとって、自らの身を削るようなことをすれば、タコが自分の足を食べるようなもので、権力基盤が弱体化することは避けられません。むしろかつての仲間すらも追及するということになれば、習近平への反発はますます大きくなります。

しかも、目下、習近平は来年秋の党大会のために党派結成に躍起となっています。太子党は党派性が希薄であるため当てにならないからです。

print

  • 中国が迎えた王朝崩壊期。権力闘争本格化で追い詰められた習近平
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け