ようやく世界で「海苔」ブーム。実は外国で嫌われモノだったそのワケは?

2016.10.07
166
shutterstock_160644944
 

日本の食卓には欠かすことのできない海苔。様々な場面で「名脇役」として活躍している食品です。かつて海外では、海苔はその見た目から得たいの知れない黒い紙として認知されていました。しかし、近年その風味だけでなく、ヘルシーさや豊富な栄養分も兼ね揃えているという認識が高まり、各国で海苔ブームが起きているようです。

世界各国で海苔が人気!

海苔の世界的なブームを報じるPRIの記事では、急速に需要が増えているということ、また栄養分に富んでおり、かつては食べ物として認識されていない国もあったが、いまや食料としてだけでなく、スキンケア製品や医薬品、接着剤といった生産品にまで幅広く使われるようになったと伝えています。

 

2014年時点では、全体で6億米ドル(約621億円)にまで上昇した海苔の売り上げ

今では中国、韓国、インドネシアに加えて他国もその海苔の生産地を広げているとのことです。

学術ジャーナル『ネイチャー』が以前に発表していましたが、遺伝子の関係でこれまで「海苔は日本人にしか消化できない」と言われてきました。

しかし、韓国、東南アジアの一部やイギリスなどでは日本のようなシート型ではなくのりの佃煮のような形状で食べられていたそうです。

そして、世界各地でおこっている寿司ブームなどにより、近年海苔の需要が増えてきたといわれています。

 

では、欧米諸国ではどのような形で食されているのでしょうか?

フランスの会社が海苔をヘルシー食品としてオシャレに売り出しています。

 

Marinoeさん(@marinoe_seaweed)が投稿した写真

 

カリフォルニアに住むヘルスコンシャスな女性も海苔に夢中。

誇らし気にレシピやその栄養価について語っています。

「(一部抜粋)今日のランチに美味しいシーウィードラップを作ったの。アボカド、七面鳥、人参、スプラウトに溜まり醤油をかけたものよ」

 

Kelley Lynnさん(@womanwarrior)が投稿した写真

 

こちらもアイルランドの若い女性が、海苔をさりげないアクセントとしてお洒落に料理しています。

そして菜食者主義の人にも人気があるようです。

使い方としては日本のレシピに似ているような気もしますよね。 

 

Emmaさん(@thecinnamonfiend)が投稿した写真

 

そして、海苔のチョコレート!どんな味がするのでしょうか。カリフォルニアのオンラインショップで売られているようです。

とても気になります。 

 

こちらも手巻き寿司を野菜版としてアレンジした海苔のレシピだそうです。

 

「海苔をとったぞー!」

 

SToneさん(@sanfranciscostone)が投稿した写真

「美味しいよ〜!」

また著名なイギリスのシェフが『The Seaweed Cookbookといった海苔のレシピ本を今年8月に出版し、話題を呼んでいます。

print
いま読まれてます

  • ようやく世界で「海苔」ブーム。実は外国で嫌われモノだったそのワケは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け