自分の過去の物語を書けば、やるべきことが面白いほど見えてくる

shutterstock_316296296 (1) copy
 

事業を何とか軌道に乗せたのはいいけれど、いつも心のどこかで「自分が引退した後」のことを不安に思っている経営者は少なくないといいます。そんな方のために、無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者・中久保浩平さんが、読者から届いた素敵なお便りを紹介しながら、「未来のビジョン」の描き方について解説してくださっています。

自分ストーリーのススメ

以前クライアントから頂いたお便りをご覧ください。

今まで数々の、そして色々なメルマガを読んできました。昔は、良くある「ウマイ話」に飛びつきそうになりましたが、ぐっと堪えて(?)、まずは自分の気持ちを高める努力をしてきました。私の場合、自分に必要なものは「きっかけ」なのかな? と思っています。中久保先生がおっしゃるように、自分自身でトコトンやってみないと、受け売りだけでは長続きしないことは今までの経験で理解できているつもりです。

 

ですから興味はあるのですが、今まで一度も教材購入することやコンサルティングを依頼することはありませんでした。

 

そんな中、先生のコンサルティングプログラムを拝見した時に、「おや? 今までと違うかも!?」と感じ、現在の自分のあり方の確認のため申し込みをさせて頂きました。

 

そして、送られてきた先生からの「マトをついたアドバイス」…。私の言葉は的確ではないかも知れませんが「感動」してしまいました。自分でも半分、気付きながらも甘えてきた部分を指摘され、「嬉しく思えた」のが正直な感想です。

 

この事を「きっかけ」に、また頑張って行こう! と思えました。本当にお世話になりました。

 

広告会社 経営者 Kさま

Kさんは、長年、広告業を営んでいらっしゃいます。

好きではじめて続けてきたビジネス。跡継ぎもなく一代で終らせてしまいたくない…。そんな思いと共に将来のことについて不安を抱えていらっしゃいました。事業そのものは順調なのになぜ将来に不安を抱えているのか? Kさんとのやり取りからそんなことを考えてみました。

すると、目先の業務に追われ将来のビジョンを描く余裕すらなかった、というのがありました(Kさんにはその辺りのことを私なりにお伝えさせて頂きました)。

何かあったときの為に、信頼できる人間に事業を引き継ぐ準備。そして、引き継いだあとにもきちんと収入が得られる仕組を準備しておく。抽象的な表現ですが、そのようなことを考え準備しておく必要は、どの経営者にも少なからずあります。

とは言ったところで、急にそんなことを考えても具体的にイメージなんかは、湧いてきません。ではどうするか?

print

  • 自分の過去の物語を書けば、やるべきことが面白いほど見えてくる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け