がん治療に光。男の精子と癌細胞は同じシステムを有する―英大学

shutterstock_368747246
 

癌細胞は人体から排除されるの防ぐため、免疫機構から逃れる驚きの能力を持っているとされていますが、実は精子も同じ仕組みを持ち合わせているのだそうです。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』では、この体内の神秘について詳しく紹介しています。

癌と同じ機構で、精子は女性の免疫系から逃れている!

このところ、がんの免疫療法に使われる新薬オプジーポが凄く話題になっています。癌細胞は免疫機構から逃れる能力を持っており、そのため本来癌を攻撃する機能(免疫機能)が効かなくなってしまっています。そこで、癌に対する免疫機能を高める薬剤として、抗PD-1抗体:オプジーボが開発されました。

ところで、生殖過程でも、自分以外の細胞である精子が自分(この場合は女性)の体内に侵入してくると、それを外敵として攻撃します。でもそうだとすると、進入してきた精子との受精がうまく行かなくなりますね。生物はうまくしたもので、その様な場合に備えて、精子が女性の体内に侵入する際には、その精子は危険物質ではないと判断(誤認させ女性の持つ免疫系から逃れるシステムを精子が有しています

ロンドン帝国大学生命科学部Anne Dell教授等の報告(Journal of Biological Chemistry)によると、糖鎖マーカーであるN-グルカンが精子表面にあり、これが免疫系から逃れる作用と強く関係しているのだそうです。

Expression of bisecting type and Lewisx/Lewisy terminated N-glycans on human sperm.

正常なヒトの細胞では、自分の細胞が自己の免疫系で認識されないようするために、蛋白から成るマーカーを細胞表面に有しています。例えば、臓器移植の際には、同じタイプの蛋白マーカーを持つ人から提供された臓器を患者さんに移植することで、患者さんの免疫系で認識・排除されないようにしています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • がん治療に光。男の精子と癌細胞は同じシステムを有する―英大学
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい