同僚にいるいる!部下にパワハラしてるダメ男は劣等感の塊だった

shutterstock_363484886
 

なにかにつけて部下を傷つけるようなパワハラ発言をする…あなたの周りにはこんなタイプの人、いませんか? 無料メルマガ『うまくいく人の目標達成術』の著者で心理カウンセラーでもある吉田こうじさんは、パワハラを繰り返す人間の心理状態を解説するとともに、その対処法について詳しく記しています。

絶対に自分が正しいと信じてパワハラする人の心理

□質問

なにかと部下の人格を傷つけるようなパワハラ上司がいます。そういうパワハラする人も内面には劣等感を持っているのでしょうか?

□回答

はい。

これまで、仕事柄そういうパワハラする人をたくさん見てきましたが、もれなく強い劣等感を持ってます。例えば、

  • 評価が絡むことに過度に反応する
  • 部下が思い通りに動かないことに過度に反応する
  • ミスをすることを過度に反応する
  • ライバルの動向に過度に反応する

こうしたことに過度に反応する背景には「ありのままの自分は認められていない」「ありのままの自分はいけない」といった劣等感があります。そして、こうした劣等感があると、役職や権威、名声や評判にとても執着します。

ちょっと複雑なのは、「自分の指導のあり方が正しい」という強い信念を持ってパワハラしている場合です。こういう上司は、部下を徹底的に批判することが「反省につながる」という信念を持っていたりします。ただ、その背景にあるのが劣等感なんですけどね。上司自身がいつも自分を誰かと比較して自分を責めて苦しんでいるからこそ、部下にもそのやり方を強く押し付けてくるわけですね。「もっと反省しろ!」「もっと反省しろ!」とあの手この手で責めるのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 同僚にいるいる!部下にパワハラしてるダメ男は劣等感の塊だった
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい