米大統領選を読み解く。トランプとジャンクフードの意外な共通点

shutterstock_378935893
 

アメリカ大統領選挙においてトランプが勝利したことについて、『毎日5分! 経済英語NEWS!』の著者・八木翼さんが分析しています。

いつの間にやらトランプは米経済に好意的に受け止められています。それにしても何故トランプが大統領になれたのか

今日のニュースは思想とは関係ありませんが、アメリカがトランプを受け入れた素地は、思想にあるように思います。

米経済は成長を求める経済です。近年は、オバマケアなどの社会主義思想が米国に蔓延していて、その思想に対する拒絶が今回の選挙結果だと考えていいように思います。市場はトランプを好意的に受け入れ始めています。

これまでの米国は、オバマの下、財政緊縮を行ってきました。財政緊縮はダイエットに似ています。オバマやヒラリーがサラダなら、トランプはハンバーガーでしょう。財政緊縮をしてきた米国が、耐え切れなくなり、トランプというジャンクフードに手を出したと言えます。リバウンドみたいなものです。

ニュースを見てみましょう。

ニュース本文と和訳

【Investors, economists brace for new dangerous game: parsing Trump’s words】
投資家、エコノミスト、新たな危険なゲームに備える。

(1)
Move over, Janet Yellen. The Federal Reserve chief has a challenger for the title of speaker most scrutinized by Wall Street, and it’s Donald Trump.

FRB議長は、ウォールストリートで最も洗練された演説者のチャレンジャーを迎え撃つ。それはドナルドトランプだ。

(2)
All new U.S. President-elects are closely monitored by the financial community for clues about what their policies mean for markets.

すべての新しい米国の大統領は、市場にとって、彼らの政策が何を意味するのかの糸口を、注意深く監視される。

(3)
He has pledged dramatic tax cuts, infrastructure spending and economic deregulation, and wants to repeal Obamacare.

彼は、劇的な減税と、インフラ投資、経済の規制緩和を約束し、オバマケアの拒絶を要望した。

(4)
These measures he says will turbo-charge growth and help boost the wages of those who have lost out in a globalized world where “middle-class” jobs have been squeezed.

これら政策は、彼が述べるには、成長を急加速させ、グローバリゼーションの世界に後れを取り、中間層の仕事が搾取されてきた世界の人々の賃金を引き上げる。

(5)
With the U.S. budget deficit at just 3.2 percent of gross domestic product, compared with 9.8 percent in 2009, and near record low interest rates, Trump has room to undertake a large-scale fiscal boost, at least in the short term.

米国のGDPに対する赤字予算は、2009年の9.8%と比較して、わずか3.2%であり、少なくとも短期的には、トランプは、大規模な財政政策を実施する余地を持っている。

(一部引用 REUTERS:Thu Nov 10, 2016 | 1:39pm EST)

print

  • 米大統領選を読み解く。トランプとジャンクフードの意外な共通点
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け