誰が何に使った?韓国大統領府がバイアグラを税金で大量購入の謎

shutterstock_435817489
 

朴槿恵大統領周辺の様々な疑惑を巡り大混乱を極める韓国ですが、ここに来て「韓国大統領府がバイアグラを大量購入した」という新たなスキャンダルが噴出しました。なぜED治療薬を? 無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』で、その意外な理由が紹介されています。

韓国大統領府がバイアグラ大量購入:高山病対策?

このところ韓国の朴大統領を中心とした話題が毎日続いていますが、11月23日にソウルの聯合ニュースが、気になる報告をしています。

韓国青瓦台(大統領府)の鄭然国(チョン・ヨングク)報道官が、青瓦台が昨年12月に性的不能治療薬の「バイアグラ60錠を購入したとの報道について、「(大統領の)アフリカ歴訪の際、(随行職員らの)高山病の治療のために用意したが、使ったことはなく、そのまま残っている」と発表したのだそうです。

バイアグラ大量購入は「高山病対策」=韓国大統領府

鄭報道官は「バイアグラは勃起不全治療剤でもあるが、高山病の治療剤でもある」と説明しています。そして、「高山病の予防薬としてはアセタゾラミドがあるが、南米とアフリカ歴訪の際に持って行き、警護員らに支給された」として、「南米歴訪ではアセタゾラミドのみを持って行って苦労をしたそうだ。そのため、アフリカ歴訪では予防用であり治療用であるバイアグラも持参した」と述べたそうです。

薬品は主治医が高山病などに関する諮問を受け、用意したという事ですが、朴槿恵大統領は今年5月、エチオピアやウガンダ、ケニアのアフリカ3カ国を訪問しましたが、実際これら3カ国の首都は海抜1,000~2,000メートルの高原に位置しています。

鄭報道官は「青瓦台の医薬品購入についてとんでもない疑惑が続いている」として、「刺激的な報道が相次いでいる。自制を求めたい」と述べたそうです。

以上は、韓国の聯合ニュースが配信したものですが、バイアグラにはそういう使い方も確かにありそうですが、とんでもない疑惑とは一体どんなものなのか気になります。

ちなみに高山病に効く薬としては、アセタゾラミド(商品名Dia mox ダイアモックス)、Dexamethasone (デキサメタゾン)、Nifedipine (ニフェジピン)などがありますが、必ず服用には医師の診断を受ける必要があります。

一番良い方法はゆっくりとした計画を組むことですが、大統領には無理かも知れませんが…。

image by: MJ Prototype / Shutterstock.com

印刷する

 

Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報
こっそり、目からウロコの情報をお教えします。世界の医学誌からの信頼情報のみです。専門家も知らない情報を先取りして、健康維持に。
<<登録はこちら>>

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 誰が何に使った?韓国大統領府がバイアグラを税金で大量購入の謎
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい