白バイ警官が明かす、速度違反でも検挙できない「オービスの死角」

 

吉田「なるほど。確かにピカって光らせれば速度上げ過ぎていたもんなぁって認識もするし、反省もしますしね。高校時代、先輩がバイクでピカピカさせにいこうぜって言って、高速道路で速度オーバーをわざとやって、オービスに向かってピースサインしたりとか頭のおかしなパフォーマンスしていたことを思い出しました」

Sさん「バイクはオービスで撮影してもフルフェイスのヘルメット被っていたり、ナンバープレートが後ろに設置されているので、正面から撮影するオービスでは対処しきれないから、撮った写真は全部破棄しているって同僚が嘆いていたことを俺も思い出したよ(笑)」

吉田「やっぱりバイクってオービス泣かせなんですかね?」

Sさん「うん。バイクだけは無理だ」

吉田「後ろから撮影可能なオービスも一部では使われているエリアもあるって別の警官から伺ったことがありますが?」

Sさん「あれは全く効果なし

吉田「クルマでもバイクでも……ですか?」

Sさん「まずさ、運転手の顔が撮影できない段階で失敗なんだよな。だけど、正面から撮影も同時に行なっているので、前後から2枚撮ることで、ブレずにナンバープレートを撮影できる可能性が高まり、その認識率があがれば検挙できるチャンスが増える。が、実際余計な予算だけ費やす形になっているので、現在はよその管轄も見送っているんじゃないかな」

吉田「余計に税金使われるのもイヤなので、オービスを前後撮影用で2台設置とか馬鹿げてますから、ちょっと安心しました!」

 

メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法

著者/吉田武
自称・交通ジャーナリストの肩書で有料メルマガへこの度参戦させて頂くことになりました。運転者への有益情報や会員の方々から募った質問を代表して警察へ聞きに行ったり等、お得なネタ盛り沢山!
<<登録はこちら>>

print
いま読まれてます

  • 白バイ警官が明かす、速度違反でも検挙できない「オービスの死角」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け