海外でも驚異の利益率。世界はニッポンの「MUJI」に恋してる

shutterstock_294542609
 

順調に業績を伸ばす「無印良品」ですが、海外事業においてもその勢いはとどまることはなく、東アジア地域を中心に着々と成長を続けているようです。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、その理由のひとつに「MUJI passport」というスマホアプリがあると断言。一体このアプリには消費者を引きつける何があるのでしょうか?

無印良品が好調。営業利益は東アジア地域が日本国内に匹敵

佐藤昌司です。「無印良品を運営する良品計画が好調です。11月の全社売上高(海外供給除く)は前年同月比12.4%増となっています。10月は9.8%増、9月は10.2%増、3~8月は9.0%増で、2016年2月期では全ての月で増加しています。

良品計画の16年3~8月期連結決算は、売上高は9.7%増の1,617億円、本業のもうけを示す営業利益は22.9%増の197億円と大幅な増収増益です。

日本国内の無印良品が好調ですが、海外の無印良品も好調です。海外ではMUJIブランドで展開しています。

16年3~8月期の日本国内事業では、衣服・雑貨では「オーガニックコットン」「フレンチリネン」といった素材にフォーカスした商品が好調に推移しました。秋冬では「首のチクチクをおさえた・洗えるタートルネック」シリーズが好評でした。同商品は09年に発売され、商品名のとおり、ネック部分に着心地の良い素材を使用し、洗濯機で洗える仕様になっています。

近年は「着心地の良さを前面に打ち出した衣服が人気です。他社でいえば、千趣会が運営する通信販売のベルメゾンのHotcott(ホットコット)」が好調です。着心地の良さを追求したインナー商品群で、11年の販売以降、シリーズ累計で547万枚を販売する大ヒット商品となっています。ユニクロのヒートテック」の新モデルでは、希少な美容ケアオイルとして世界中で人気のアルガンオイルを配合し、着心地の良さを進化させています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • 海外でも驚異の利益率。世界はニッポンの「MUJI」に恋してる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい