「尖閣有事なら日本を守る」アメリカ次期国務長官の発言は本物か?

shutterstock_529541479
 

トランプ政権の国務長官に、石油大手エクソン・モービルの会長兼最高経営責任者で、ロシアとも太いパイプを持つと言われているレックス・ティラーソン氏が指名されました。そのティラーソン氏、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で世界情勢に詳しい北野幸伯さんによると、指名承認公聴会で「日本にとって喜ばしい発言」をしたとのこと。一体どのような内容だったのでしょうか。

アメリカ次期国務長官、「尖閣問題」で超重大発言

トランプさんは、次期国務長官にレックス・ティラーソンさんを指名しています。この方は、石油大手エクソン・モービルの会長兼最高経営責任者(CEO)だった。「プーチンの親友」と呼ばれ、批判されることが多い。こんな人事からも、トランプさんの「ロシアとの関係を改善する!」という決意が見えます。

さて、ティラーソンさんは1月11日、指名承認公聴会で、日本にとってとても嬉しい発言をしています。夕刊フジ1月13日から。

尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる中国の主張や行動について、トランプ次期米政権の国務長官に指名された石油大手エクソンモービルの会長兼最高経営責任者(CEO)のレックス・ティラーソン氏が11日、米上院外交委員会で開かれた指名承認公聴会で「違法行為だ」と言い切った。

尖閣に関する中国の主張は、「違法行為」だそうです。日本にとっては「当たり前」の話ですが、アメリカの次期国務長官がいうと、重みがあります。

では、「尖閣有事」の際、アメリカはどうするのでしょうか?

公聴会では、中国が尖閣諸島に侵攻した場合の行動についても聞かれ、ティラーソン氏は「日本防衛を確約する協定に基づき対応する」と述べた。
(同上)

つまり、ティラーソンさんは、「尖閣有事の際日本を守る!と断言した。

print
いま読まれてます

  • 「尖閣有事なら日本を守る」アメリカ次期国務長官の発言は本物か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け