VR時代にあえてブチ込んできたNintendo Switchの魅力を徹底分析

スクリーンショット 2017-01-20 19.00.23
 

先日東京ビックサイトにて開催された「Nintendo Switch体験会」のメディア招待に参加してきたという、メルマガ『旬刊!ブログで言えない家電の話【神原サリーとゆかいな仲間たち】』の著者のひとりでデジタルライターの岡安学さん。映画並みのグラフィックを追求する近年のゲーム機とは一線を画し、かといってニンテンドー3DSとも異なる「Nintendo Switch」の魅力を、臨場感いっぱいに伝えてくれています。

Nintendo Switchは性能至上主義のアンチテーゼか

1月13日に東京ビッグサイトにて開催されたNintendo Switch体験会のメディア招待に参加してきました。

今やゲームはスマートフォンが中心だとか、VRや4K映像を取り入れるべきとかいろいろ言われていますが、Nintendo Switchはそれらに反するように、まったく独自の路線を突っ走っている感じがしました。

もともとゲームキューブあたりから、性能重視の方策を取らなくなっていたので、PlaystationやXboxが掲げる最新鋭のマシンとしてリリースしていなくはなっていました。今回もCPUはNVIDEAのカスタマイズされたTegraであったり、本体の液晶パネルは6.2インチで1280×720ピクセルです。5インチクラスのスマートフォンでさえ、フルHD(1920×1080)が当たり前となった現在では、明らかに高スペックとは言い難いわけです。

テレビ出力は1920×1080、60fpsなので、現時点では他に劣っていませんが、後発としては4K対応でないことに関して、期待ハズレに思う人もいると思います。

でも、実際に体験会でプレイをしてみて感じるのは、それらのスペックがPlaystation4より劣っていようがゲーミングPCには遠く及ばなかろうが面白さとは直結していないことが十分にわかります。

なにせ、任天堂がリリースするNintendo Switchのローンチタイトルのひとつである『1-2-Switch』は、ゲーム画面を見ないで遊ぶゲームと銘打っているくらいで、画質の良さやCPUの速さをまったく必要としていません。でも、プレイしてみるとすごく面白いわけです。Wii Uとかでもこういったパーティゲーム的なものはありましたが、持ち運べることで飲み会やホームパーティーでプレイできると言うのが新しいゲームスタイルを確立しそうです。

持ち運べると言えばニンテンドー3DSでも良いのでは?と思われますが、コントローラーがセパレートになり、コントローラーだけ持ち寄れば大人数で遊べるというのが3DSにはない楽しみだったりします。

そもそも現在のスマートフォンの開発競争を考えると、現在のスマートフォンを超えるハードを作ったところで半年、一年もすれば性能面で抜かされることは火を見るより明らかです。月々払いのうえ、キャッシュバックやキャンペーンで割り引かれているので、スマホがいくらするかわかってない人も多いと思いますが、キャリアのハイエンドモデルだと10万超えはざらにあります。2つのコントローラーとドックまで付いて3万円という安さで考えると、そこまでの性能は搭載できないですし、さっきも言った通り必要でもないわけです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • VR時代にあえてブチ込んできたNintendo Switchの魅力を徹底分析
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい