管理人はペッパーくん? マンションの受付で普通にAIロボが働く日

otaku20170127
 

驚くべきスピードで進化しつつあるAI(人工知能)技術ですが、今後、私たちの生活にその技術はどのように活かされてくるのでしょうか? 今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では、すでに発売されているAIロボの「pepper(ペッパー)くん」を例に、マンションでAIロボが活躍してくれそうな場面を想像しながら、未来のマンション管理について考えています。

AI管理員さんの夢想

こんにちは! 廣田信子です。

管理員さんがペッパーくんに変わる日も近いのでは(「隙間、突発に対応できることの価値」)に関連して、「ペッパーくん」論議で盛り上がりました。

でも、「ペッパーくん」って反応遅いよね~なんかイライラしちゃう。タッチパネルで簡単…っていうけど、そもそも高齢者の人、タッチパネルの操作ができる? 「ペッパーくん」では、電球の交換もできないでしょう?

ほんと、現状ではその通りなんですが…、AI(人工知能)の進化は驚くべきスピードです。昨年、AIの第一任者、マイケル・オズボーン准教授の今後10~20年で47%の仕事が機械に取って代わられるというレポートが話題になり、チェスも将棋も、囲碁までが、人が人工知能に勝てない時代になりました。新年、今年の大きな変化の予想に、AI(人工知能)の進化を上げる人が多かったですね。

ビックデータを分析し、最適の答えを導くことは人口知能の得意分野です。同時に、映像やセンサー技術の進化も目覚ましいです。犯罪者犯罪予備軍の心理状態に反応し危険な人を教えてくれる監視システムもすでに稼働しています。人間が無意識のうちに発する微妙な振動(オーラ)を読み取るのです。

リオオリンピックでも伊勢志摩サミットでも大活躍したといいます。システムが感知した人のうち92%が薬物や火薬など危険物の持ち込みや不正入場を試みる客だったといいますから、すごい感度ですね。

今ですら、そんな技術があるのですから5年後はどうなっているか楽しみです私の得意な夢想がとまりません。

玄関ホールのペッパーくんは、人が入ってきたら、さっとそちらに顔を向け、誰であるかを瞬時に認識します。住民だとわかると、「おかえりさい」と挨拶。で、その人に伝えたいメッセージを事前登録しておくと、「メッセージがあります。ヘッドホンをおつけください」といって、メッセージを伝えます。「総会の出席票をご提出くださいね」なんてことも。

で、住民の方で何か用があるときは、ペッパーくんを見るだけで、ペッパーくんの方から、「何かお手伝いすることがありますか」と話し掛けます。住民は要件をふつうの会話で伝えます。タッチパネルは必要ありません。不明な点はペッパーくんが質問しながら、内容を理解し対応します。

共用施設や来客用駐車場の予約も口頭で話し掛けるだけでできます。ペッパーくんは、利用状況のデータとつながっていて瞬時に判断し、受付も完了します。直接対応ができないことは、事案に応じて管理会社の専門部署につなぎます。

365日24時間稼働しているというところが、人間の管理員さんと大きく違います。で、そのマンションの住民や管理に関するデータは、すべてもっていますので、質の高い対応を瞬時にすることが可能になります。

なんだか、このくらいはすぐにでも可能になりそうですね。

で、もし不審な波動を発する外部者が入ってきたら、「何かご用ですか」と牽制し、相手の映像をばっちり写します。

print
いま読まれてます

  • 管理人はペッパーくん? マンションの受付で普通にAIロボが働く日
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け