国民的人気者「タモリ」はこうして生まれた。その宿命と運勢とは

shutterstock_286442606
 

算命学研究家でありながら元科学者、投資家、翻訳家など様々な顔を持つ磯野はまぐりさんのメルマガ『占い中毒にご用心』。今回は、国民的人気タレント・タモリこと森田一義さんの魅力に「宿命」という観点から迫っています。

タモリ

タモリこと森田一義さん。なんとなく地味だけど、掴みどころのない魅力を感じます。どんな宿命をもっているのか見てみると…。

いつもいろいろなことを考えてしまってそれを吐き出さずにはいられない

という特徴があります。このような宿命を見ると、即、頭のいい人! と思いがちですが、宿命と現実の能力はまた別の話です。

現実的な能力が高ければいろいろなことを見聞きしては学び、自分なりにあれこれ考え有効な形で表現することができます。

学者や教師など、この宿命を活かしやすい生き方です。身体能力が高ければ、スポーツの分野でもスポーツ理論や頭脳プレーを活かして活躍できる可能性があります。センスが良ければ、芸術家もこの宿命を活かしやすいでしょう。

でも、過信したり謙虚に学ぶことを怠ると、何を勉強しても中途半端な理解だけでわかった気になり、理屈もへったくれもない思い込みでわけのわからないことばかり言う人になってしまいかねません。それが、この宿命の落とし穴です。

はたしてタモリさんは、この宿命をどのように活かしているのでしょうか?

好きなこと

タモリさんは、子供の頃、というよりまだ学校に通い始める前の幼少期からかなりしっかりとした自我と美意識を持っていたようです。

幼稚園に入る前の見学に行ったとき、皆がお遊戯をしているのを見て…「あれは自分には無理だ」と言って入園を拒否したとか。そして幼稚園には行かず、友だちと遊ぶこともせず、ひとり道端、というか坂道に立って行き交う人々の観察をしていたそうです。

そんなタモリさんの運勢を観ると、5歳になった頃から外界の「気」の影響を受け始めています。どんな「気」の影響を受けたのでしょうか? 好きなこと、得意なことがあれば子供の頃からどんどん伸ばしていくと大成しやすい、そんな「気」です。

好きなことは人間観察。他には、坂道や街を見て回ったり、港で船を見たりひまつぶしに家でご飯の支度を手伝ったり…、中学からは剣道部に所属し、高校に入ってからは剣道部と吹奏楽部、さらにアマチュア無線部にも入部しました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 国民的人気者「タモリ」はこうして生まれた。その宿命と運勢とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい