世界初、白無地Tシャツ専門店「シロティ」はなぜ支持されるか?

WT20170222
 

白Tシャツ好き3人組が始めたという白無地Tシャツ専門店「シロティ」。扱うのは白Tのみということだけでも驚きなのに、営業日は週に1回土曜日だけ、けれども絶大な人気を誇っているそうです。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者の青山烈士さんが、この不思議なお店の魅力を徹底解析しています。同店が売るコト(=体験)とは、一体どんなものなのでしょうか?

コト(=体験)を売る

世界初の白無地Tシャツ専門店で注目されている企業を分析します。

シロティ(白無地Tシャツ専門店)

戦略ショートストーリー

白Tシャツが好きな方をターゲットに「白Tシャツとリアル店舗へのこだわり」に支えられた「自分に合った1枚に出会える」「限定感特別感」という強みで差別化しています。

実際に見て、触って、試着して、比較して、店員のアドバイスを受けながら、自分に合った1枚を探すという体験を提供する事で、顧客の支持を得ています。

分析のポイント

コト(=体験)を売る

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)などのファッション通販サイトなどが躍進している一方で、苦戦している店舗が多いアパレルのリアル店舗の中で、なぜシロティは人気を得ているのでしょうか。

少し考えてみましょう。

最近、「モノではなくコトを売る」という言葉をよく耳にしますが、シロティはまさにコト(=体験)を売っています。具体的には、自分に合った1枚を探すという体験です。

このような体験をすることはネットでは難しいでしょう。なぜなら、ネットでも多数の商品の中から比較することはできますが、あくまでも、目に見える情報でしか比較できません。

一方でシロティは、実際に見て、触って、試着しながら、その場で店員にアドバイスをもらうこともできます。いまのところ、この一連の流れはネットでは体験できないことです(VRなどの技術進歩で近い将来、ネットでも体験できるかもしれません)。

もちろん、ネットで十分という方もいらっしゃると思いますが、シロティの顧客ターゲットは白Tシャツにこだわりのある方が中心となりますので、この顧客ターゲットが求める体験、楽しいと思える体験を提供することが重要ということです。

もともと、シロティの店主が白Tシャツ好きで、シロティのような体験ができる店がないことに疑問を感じて、お店を開いたようですが、まさに白T好きによる白T好きな方のためのお店となっています。

要するに、白T好きが体験したいことを体験できる場をつくったということです。

しかも、世界初ということは、恐らくここでしかできない体験ということになりますから、白T好きの聖地を目指すというのもうなずけますね。

上記のようなシロティの戦略や戦術は、リアル店舗がネット店舗との競争に生き残るためのひとつの道筋を示しているといえるでしょう。

今後のシロティの躍進を楽しみしています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 世界初、白無地Tシャツ専門店「シロティ」はなぜ支持されるか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい