【豆知識】由来を知れば分かる、「白馬岳」の正しい読み方

shutterstock_455430694
 

長野県と富山県にまたがる、北アルプス北部の白馬連峰。「後立山連峰」とも呼ばれるのですが、実は信州の方々はこの呼び方があまりお好みではないようで……いったいその理由とは? 無料メルマガ『安曇野(あづみの)通信』の著者・UNCLE TELLさんが、白馬連峰のあれこれと併せて記してくださっています。

白馬岳えとせとら

北アルプス北部のおなじみ白馬連峰、地元民、山好きならずとも国内で広く知られた名峰である。この白馬連峰、南から鑓ヶ岳(2,903m)、杓子岳(2,812m)、白馬岳(2,932m)の三つの山からなる。白馬三山ともいわれる。この山の美しさは特に雪に覆われた季節のそれはとりわけである。山の名もかたちもそれぞれ特長を表していて面白い。白馬岳だけは盟主らしくどっしり構えている。

白馬岳(はくばたけ)は、本来はしろうまたけである。この山を白馬岳と呼ぶようになったのは歴史的にはそんなに古いことではないらしい。江戸時代の半ばまでは、南に連なる鑓ヶ岳とともに大蓮華岳と呼ばれていたようだ。白山、立山と同じく信仰の山だったのである。白馬岳の字は、1824(文政7)年頃からあらわれ、山頂に一等三角点が置かれた1894(明治27)年頃から固定した山名になったという(長野県百科事典)。

shirouma20170327-1

image by: Flickr

余談だが、後立山連峰という呼び方がされるが、私はどうもなじめない。黒部川の東側、長野・富山県境、一般には北は白馬岳から南は針ノ木峠までを指すようである。後立山という呼び方は、富山県側からみて立山のうしろに連なる山という意味で名付けられたもので、信州側から見ればあまり響きのいいものではないかもしれない。

白馬岳の由来は、農作業の代掻き(しろかき)が始まる頃、山肌の現れる馬の雪形から「代馬しろうま」と呼ばれ、それがいつしか白馬岳に変わったといわれる。代が白と変わり、その上しろうま岳と呼ぶべきものを、はくば岳と呼ぶようなってしまったといわれるが定かではない。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 【豆知識】由来を知れば分かる、「白馬岳」の正しい読み方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい