今のビットコインの乱高下をどう思うかで、あなたの性格がわかる

shutterstock_625077536
 

2015年の夏以降、専門家も目を見張るほどの上昇トレンドを見せてきた「ビットコイン」。しかし最近になって、バブルが弾けたかのように4割近くも暴落したことが話題になりました。この「乱高下」を繰り返すビットコインについて、Windows95の設計に携わった世界的プログラマー・中島聡さんは、自身のメルマガ『週刊 Life is beautiful』で「株と違って企業のような実体もなく、価値も生み出さず、通貨からは程遠いもの」と厳しい見方を示しています。

ビットコインは「仮想通貨」なのか、それともただの投機対象なのか?

先日、ビットコインが4割ほど暴落し、話題になりました(参照:仮想通貨民に激震、ビットコインもリップルもXEMもだいたい全部暴落。1日で半値に)。何が起こっているのかが分かりやすいように、過去8年のチャートを下に貼り付けます(bitcoincharts.com で生成)。

6a00d8341c4f9853ef01b7c8fec4d4970b

 

2013年の年末に、価格が急速に上昇しましたが、バブルが弾け、そこからはさらにジリジリと値を下げ、2015年は年間を通して低迷していました。しかし、2016年から再び上昇し、2017年に入ってからは2013年を思わせるような急騰をしていました。今回の急落は、それに対する反動(バブルの崩壊)です。

このチャートを見て、「どう思うか」でその人の性格が良く分かります。

儲け損ねた」「ビットコインって儲かるんだ!」と思った人は、典型的なカモ金融詐欺などに引っかかりやすいタイプなので、注意が必要です。

ビットコインは「仮想通貨」と呼ばれていますが、「通貨」とは程遠いものです。どちらかと言えば、株などの金融商品に近いのですが、株のように「企業」という実態もないし、利益を生み出すわけではないので、「100%投機的」です(投機的、の意味は次に説明します)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 今のビットコインの乱高下をどう思うかで、あなたの性格がわかる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい