それでは売れない。 敏腕コンサルがニッチな商品の売り方を伝授

shutterstock_313786031
 

新しい商品やサービスを開発しようとするときに狙える可能性のあるもの、それは大手企業がまだ手を出していない「ニッチな層」向けの商品を作ること。しかし、ニッチであるが故に「どれくらいの販売数が予測できるか」を判断するのはなかなか難しいもです。今回のメルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』では、人気コンサルの永江一石さんが、読者からの「ニッチな商品の販売数を予測するにはどうすればいい?」という質問に、ご自身の経験も踏まえて回答してくれています。

ニッチ商品の販売数を見積もる方法

Question

shitumon

ニッチな商品を販売するときは、どのように販売数を見積りますか?

例えば、ニッチすぎるジャンルの本を販売するとき、協会が発表している人口が一万人だとしたら、その何パーセントは買うだろう?とか、検索ボリュームから考えて、いくつは売れるだろう?など見積りセンスを培いたいです。

もちろんニーズにあった良い商品を作れるかが大切だと思いますが、そうは言っても人口の10パーセント買う可能性は低いと思ってます。

200個売れればペイすると分かっていても、どこまでニッチなら可能性があるのかなど、精度高く見積れるようになりたいと思っています。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • それでは売れない。 敏腕コンサルがニッチな商品の売り方を伝授
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け