来店数が10倍に。常連客を自然とリピーターにする驚きの方程式

 

ガットキープって何?

「夜、飲み屋に行くと、よくカウンターの棚に、『ボトルキープ』をしてあるお酒が並んでいるでしょう。そして、それぞれのボトルには、お客様の名前が書いてありますよね。あれと同じで、自分のガットに名前を付けてキープしてあるのです」

なるほど。「マイガット」がお店に置いてあるというわけです。では、どうしてマイガットがお店にキープしてあるのでしょう。

ガットは、練習をすればするほど切れます。選手にとって、ガット代はバカになりません。長いロールで買った方が安上がりです。そこで、このお店は、お客様にロールで買うことを勧めます。そして、そのロールをお店で預かってあげることにしたのです。

自分のガットがお店にキープしてあれば、自然とそのお店に行って張り替えてもらうことになります。ですから、ガットをキープしているお客さまは確実にお店のリピーターです。考えましたね。

では、ガットはどのくらいの練習時間で切れてしまうのでしょう。部活の学生さんですと、平均して1か月で切れてしまうそうです。ということは、一人のお客様が年間10回くらいはガット張り替えのためにお店にやってきます。

一般的には、スポーツショップへの来店頻度は年間1~2回です。はるかに、この数字を上回っています。つまり、ガットキープは実に効率の良い「囲い込み」方法なのです。

では、通常売られている一本分のガットとロールガットとでは、どのくらいのお得感があるのでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 来店数が10倍に。常連客を自然とリピーターにする驚きの方程式
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい