日本の諜報機関「公安調査庁」が恐れる、警察の「共謀罪」捜査

DSC02606 copy
 

建設技術者→軍事戦争→バグパイプ奏者と様々な職業を経験してきた、カトケンこと加藤健二郎さん。自身のメルマガ『異種会議:戦争からバグパイプ~ギャルまで』の中でカトケンさんは、最近よく話題に挙がる「共謀罪」法案についての裏話を披露。日本の諜報機関のひとつである「公安調査庁」の関係者は「共謀罪」法案の施行をとても恐れているようですが、その深刻な理由とは何なのでしょうか?

「共謀罪」を恐れる官僚組織

民主主義や自由などに高い問題意識を持っている人たちは、「共謀罪法案に対して怒りを表して、デモに参加したり発言したりしている。共謀罪に対して問題意識を持っていないのは危機意識のないバカか権力の犬か、みたいな流れがあるのだが、カトケンにとっては共謀罪などどーでもいい。共謀なんかしないで1人でやればいいじゃん、な人生観だからか?

すると、日本の諜報機関の1つである公安調査庁の関係者さんから「ここの役所にとっては共謀罪はマズいかも」と。諜報機関の仕事は、テロや犯罪やその他政治活動やらなんやら、なにかしでかそうとする者たちの活動を監視して泳がせ、全貌を掴もうとすることである。監視とはいっても、ただ外側から監視カメラや尾行張り込みで監視するだけでなく、その監視対象となっている組織内部に、情報源となる友好的な人脈を作り上げている。

そう、この反動的組織の中に友好的人脈を作っているおかげで、彼らの活動計画などを知ることができるのだ。ということは、その活動計画に関わった者を共謀罪ということで警察が逮捕に踏み切った場合、敵組織に浸透していた諜報機関員は逮捕されることになる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 日本の諜報機関「公安調査庁」が恐れる、警察の「共謀罪」捜査
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい