国が違えば「嫁姑バトル」も壮絶? 日本人嫁と“毒舌アラビア義母”

shutterstock_167445506
 

アラブ首長国連邦(UAE)に嫁いで20余年の日本人女性・ハムダなおこさんが、日々のアラブ生活を綴るメルマガ『アラブからこんにちは~中東アラブの未知なる主婦生活』。今回は、アラブ人である夫の母親、つまり嫁にとっての天敵である“姑”にまつわるお話なんですが、これがなかなか強烈な人物のようで……。

試練の時間

私の義母は見目麗しいので有名な人です。しかし、その舌にはたいそうな毒があり、他人と上手に共存することが出来ません。

義母はUAEとオマーンの国境にあるオアシス地帯に別荘を持ち、アラブではめずらしい一人暮らしの悠々自適な生活を、40年近く送っていました。

つい先ごろ、ラマダーンのある日、夫が知人の葬式に行くと、弔問客の一人に驚くことを言われました。「お前の母親がうちにいるのを知っているか。怪我をしていたから、病院に連れて行ったぞ」

急いで夫が病院に行くと、そこには腕を折って治療されている母親が寝ていました。

義母は一人暮らしが長いために、半分くらい想像上の世界に生きていて、「息子には怪我をしたことを知らせないで欲しい。私を殺すか売り飛ばすかもしれないから」と医者にも看護婦にも主張していました。治療を受けるために身分証明者が欲しいと言う病院の受付には、「あんたが私の身分を騙って何か悪さをするかもしれないからダメだ」と返答し、さらに、複雑骨折なので手術するよう説得する医者に向かって、「こんな打ち身は、レンティル豆と歯磨き粉を混ぜたものをアラビックパンで巻いておけば直るのだ。やぶ医者め!」と怒鳴り散らしていました。

怒りと痛みで興奮している義母をなだめすかすのに、3日間病院に入院させなければなりませんでした。

その間に、夫は母親の身分証明書をつくり、病院に登録し、私は半分物置のようになっていた我が家の客間を片付けました。義母は白内障で目がよく見えないので、それこそすべての家具を撤去して、ベッドだけ調えるのに、メイドのいない私は大変な労働をしました。

片付けをしながら、私の頭の中には苦い記憶が蘇ってきました。

義母は18年ほど前、ある日突然、何を思ってか、アブダビの私たちの家にタクシーでやってきました。そして同居を始めたのですが、子どもたちは誰もアラビア語をしゃべらない時期で、義母が何を考えているのか、何が欲しいのかわからないまま10ヶ月一緒に暮らしました。4人目を妊娠していたこの10ヶ月は、並みの苦しみではありませんでした

とある日、義母は私たちに知らせないまま外から大工を呼んで、私たちが使っていた応接間のソファやテーブルやキャビネットを全部廊下に運び出させました。そして、天井まで届くほど大きいタンスとキングサイズベッドと化粧棚を、大工に部屋の中で組み立てさせて、応接間を自分の部屋に変えてしまいました

大工は仕事が終わると、廊下の家具は放ったまま帰ってしまい、義母はそのまま鍵を閉めて部屋から出てきませんでした。一番いい部屋を使いたいけれど、人に相談したりする習慣がない義母は、勝手に部屋を交換して、私たちの反応は知りたくないので部屋に篭ってしまったのです。その後、廊下を占拠した家具を片付けるのに、妊婦の身では何も出来ず、何週間もかかった記憶があります。

また別の日は、預金を下ろしたいというので、車に乗せて銀行に連れて行きました。到着すると「自分は降りない」と言い出しました。老婆にはよくあることなので、私が銀行の受付に行って、店員を車まで呼んできました。

店員が来ると、突然気が変わったらしく、「番号を言えば、私の口座からお金が盗まれるかもしれない。だからもういらない」と言いました。想像が膨らみすぎると、猜疑心がもたげて義母はどうにもならなくなってしまうのです。

print

『アラブからこんにちは~中東アラブの未知なる主婦生活』
国際結婚して24年、アラビア湾岸にあるUAEから5人の子育て、地域活動、文化センター設立などを通して、アラブ世界を深く鋭く観察し、エッセイで紹介。
≪最新号はコチラ≫

  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 国が違えば「嫁姑バトル」も壮絶? 日本人嫁と“毒舌アラビア義母”
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け