日本でカジノ実現なら「おしぼり」を狙え。参入可能な業種とは

shutterstock_83340763
 

今国会での成立がなくなったカジノ法案。ギャンブル依存症が懸念されるとの反対意見も目立ちますが、現役女性カジノディーラーが配信するメルマガ『鍛野ミミの「カジノの目線で」-ここだけばなし-』では、カジノは新たなビジネスチャンスであり、国の活性化のためにも日本型カジノの実現が望まれるとしています。

こんな業種が参入可能。カジノは新たなビジネスチャンス

今日の1番目のお題はカジノ関連ビジネスです。

まず、Vol2.<1>宇宙の法則とIR(カジノ)に参入可能な職種例に書いた職種例をおさらいしましょう。

◆販売・流通・レンタル業務関連

・ホテルのアメニティー・シグネチャー商品
・アパレル関連
おしぼり業者
・ランドリー
・制服レンタル業者
・ベットシーツ・リネン業者
・各種問屋(お花、お酒各種)
・ブランド商品の販売
・農家・食材の流通関連業者
・レンタカー、レンタル自転車業者
・日本の工芸品、その他

◆人材派遣・エンターテイメント関連
・タレント事務所
・音楽招聘会社
・人材派遣会社
・俳優、アーティスト、ミュージシャン、マジシャン
・ゲームメーカー、その他

◆常設施設の運営・テナント関連
・レストラン、ショップ各種
・婚礼場、劇場、コンサートホール
・シネマコンプレックス
・託児所、シニア・ケア施設
・医療施設、その他

◆イベント関連
・企画運営会社
・アニメ関連
・ワークショップ各種
・グルメ大会、早食い大会
・ご当地フェスティバル
・ゲームトーナメント、その他

◆セキュリティー、サポート関連
・ガードマン、セキュリティー会社
・依存症患者へのケア、カウンセリング
・IOT ソリューション、その他

◆教育・サービス関連
・大学・教育機関
・建設会社、内装業者、印刷会社
・広告代理店
・旅行代理店
・塾・語学スクール
・ディーラー養成学校、その他

日本でのIR(カジノ)に参入可能な職種を挙げてみましたが、きっとまだまだありますよね。

今回は赤色でハイライトした「おしぼり」についてお話します。

print

  • 日本でカジノ実現なら「おしぼり」を狙え。参入可能な業種とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け