9歳の少女に強制不妊手術。かつて日本に実在した残酷な法律

 

そして、今。自分自身が社会問題を提起する立場になり、いかに社会問題が「自分の足下の問題」であるかを痛感しています。

貧困問題、子どもの問題、高齢者問題、健康問題、教育問題、労働問題……etc etc。

日々報じられるいくつもの社会問題は、何一つ「自分に関係ない問題は存在しません

マクロをミクロにすれば、自分の問題になるし、海外の問題もやがて海を渡り、自分の問題になる。

その一方で、「自分とは関係ない」と興味を示さない人たちの多さに、途方に暮れるのです。

無知であることほど罪なことはありません

無知であるが故に、人を傷つけ、刃となる言葉を平気で吐く。

そして、何か問題が起き、そこに憎むべき対象があると、うすっぺらな正義を振りかざし、“場外”から石を投げるーーー。

なんだか話しがちょっとばかり広がってきてしまいましたが、小さなことでも問題提起していきたいと、今回改めて思いましたし、そのときにはこれまでもそうだったように、「そもそも(=過去)」を振り返りつつ、考えて行こうと思います。

今回の旧優生保護法を振り返ることは、LGBT障害者など、「今ある問題につながる大切な事だと思います。

みなさんのご意見もお聞かせいただきたく。

どうぞよろしくお願いいたします。

続きはご購読ください。初月無料です

image by: Shutterstock

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年1月31日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※12月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2017年12月分

  • 電通系会社「隠れ残業」の罪ーVol.057(2017/12/27)
  • ゼネコンの壮絶ブラック現場ーVol.056(2017/12/20)
  • 旭化成トップに氷河期世代猛反発!ーVol.055(2017/12/13)
  • マジでヤバイ“パイロット不足”ーVol.054(2017/12/06)

※1ヶ月分540円(税込)で購入できます。

デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』(2018年1月31日号)より一部抜粋

河合 薫この著者の記事一覧

米国育ち、ANA国際線CA、「ニュースステーション」初代気象予報士、その後一念発起し、東大大学院に進学し博士号を取得(健康社会学者 Ph.D)という異色のキャリアを重ねたから書ける“とっておきの情報”をアナタだけにお教えします。
「自信はあるが、外からはどう見られているのか?」「自分の価値を上げたい」「心も体もコントロールしたい」「自己分析したい」「ニューストッピクスに反応できるスキルが欲しい」「とにかくモテたい」という方の参考になればと考えています。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』 』

【著者】 河合 薫 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 水曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print

  • 9歳の少女に強制不妊手術。かつて日本に実在した残酷な法律
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け