【練馬】ラーメン官僚がスープ内の肉片に感動した中華そば【真しま】

55f38ee2c0ff88ec87126062e8a72ce8 copy
 

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、東京・練馬「麺匠真しま」の中華そば。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、あえて鶏の肉片を残したスープをべた褒めする、「麺匠真しま」の中華そばのお味とは?

オススメ!【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】麺匠真しま

麺匠真しま@練馬にて、中華そば。

ロケーションは、西武池袋線練馬駅から徒歩7分程度。

昨年12月にオープンした『麺匠真しま』は、最近においては珍しい、完全な独学でラーメンづくりに打ち込んだ店主が構えた砦だ。

d5f5a50becbacabb3752423bcb247414 copy

「飲食業の経験はありますが、ラーメンづくりは素人。このお店を開業するに当たっては、散々試行錯誤しましたよ」と笑う店主。

新たにラーメン開発する際、「開業地近傍の店で提供されているラーメンとは異なる味を創る」ことを目標として掲げ、その目標に自らの個性を加えることを心掛けたという。

その結果出来上がったのが、鶏を徹底的に煮込んだ出汁に、静岡県の名門醸造所の醤油を用いたタレを合わせたフルボディのスープ。

55f38ee2c0ff88ec87126062e8a72ce8 copy

鶏は敢えて漉し切らず、細かな肉片がスープ中に含まれる状態を志向。

この肉片が、スープのコクに厚みを加える役割を果たすとともに、飲み口に絶妙なメリハリを与えている。

タレの風味が良好であることも相まって、さり気ないビジュアルとは裏腹に、惹きはかなり強い。

このスープに合わせる麺は、口の中でパツンとバネのように弾ける『三河屋製麺』製のストレート。

総じて、適度に自分らしさを演出しながらも、基本的なラーメンづくりのセオリーは堅実に押さえた佳作。

練馬駅で食事をされる際などには是非、選択肢の一つとして同店を加えてみていただきたい。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

麺匠真しま

営業時間 11:00~15:00 18:00~22:00

住所 東京都練馬区練馬3-17-1

定休日 月曜

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

この著者の記事一覧はこちら

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、FacebookTwitterを御参照ください。

まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 【練馬】ラーメン官僚がスープ内の肉片に感動した中華そば【真しま】
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け