【訃報】名脇役の俳優・大杉漣さん66歳で急死。『シン・ゴジラ』など

2018.02.21
134
by gyouza(まぐまぐ編集部)
大杉漣 急死
 

【速報】名脇役の俳優・大杉漣さん急死、66歳。映画『シン・ゴジラ』などで活躍

「ソナチネ」や「シン・ゴジラ」などの映画をはじめ、数多くの作品に出演した名脇役の俳優、大杉漣(おおすぎ・れん、本名大杉孝=おおすぎ・たかし)さんが2月21日、急死した。66歳。

所属事務所によると「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」と発表。「これまでお世話になりました共演者、スタッフならびに関係者、応援してくださったファンの皆様におかれましては、生前のご厚誼を深謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」としている。

大杉さんは20日に行われたテレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』の撮影に参加。撮影を終えて宿泊先に戻って食事をとっていたところ、急に腹痛を訴え、共演していた松重豊氏と関係者らに付き添われて救急病院へ運ばれた。そのまま、21日午前3時53分、テレビ東京の関係者、ドラマ共演者、そしてご家族に見守られながら息を引き取ったという。

番組の公式HP には、共演者からの言葉、番組プロデューサーからの言葉が掲載されている。

共演者の皆様より

余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。「バイプレイヤーズ」という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。 しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。

お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。

漣さん、ありがとうございました。

バイプレイヤーズ一同
遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研

番組プロデューサーより

突然の出来事で、まだ現実として受け止めることができません。特に今回のシーズン2では大杉さんには企画の段階から全スタッフキャストのリーダーとして中心的な役割を果たしていただきました。この作品が最期の作品となってしまったことが本当に残念でなりません。スタッフ一同、心よりお悔やみ申し上げます。

テレビ東京制作局ドラマ制作部
チーフプロデューサー
浅野太

 

image by: Wikimedia Commons(Dick Thomas Johnson)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【訃報】名脇役の俳優・大杉漣さん66歳で急死。『シン・ゴジラ』など
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい