ついに被害届提出。日大アメフト騒動の根底にある「昭和の監督体質」

2018.05.22
309
 

4.事態収拾の道、一発逆転策はあるのか?

大学本体にも及んでいる巨大な危機。この危機に対処する道はあるのでしょうか? このまま放置すればスポーツ推薦やスポーツでの活躍を目指して進学する学生に影響するのではないしょうか。大学ブランド毀損は受験生の数に影響があるのではないでしょうか。

・・・・・・・

2016年、日本大学は危機管理学部を発足させました。

この後、増沢氏が「好き放題書いた」という続きは、まぐまぐの新サービスmineへご登録の上、お楽しみください

image by: 日本大学 アメリカンフットボール部 PHOENIX - Home | Facebook

増沢隆太

増沢隆太

この著者の記事一覧はこちら

「謝罪のプロ」として著名人記者会見のたびにテレビ、ラジオ、新聞でコメントしまくるコミュニケーションのプロ。ロンドン大学大学院では戦争研究を行い、帰国後外資系企業数社でブランドマーケティングを担当した。その後、人事コンサル会社勤務を最後に独立し、人事・経営コンサルタントとして活躍。現在は講演、企業研修、大学生向け講座などで全国を回るほか、東京工業大学の特任教授も務めた。

まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

print
いま読まれてます

  • ついに被害届提出。日大アメフト騒動の根底にある「昭和の監督体質」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け