日本の領空は未だ特攻隊で散った英霊に守られているという真実

 

その理由のひとつは、敗戦でも完全に破壊されなかった日本人のDNAではないでしょうか?

織田元空将のお父様は戦艦大和の建造作業に加わり、織田元空将は幼い時から、「国防の為に働くことは尊いことだ」と教えられて育ったそうです。

占領軍が残し、当のアメリカに「憲法は改正した方がよい」と言われても、一字一句変更することもできずにその場しのぎを繰り返してきた日本人。

その一方で、その存在を否定されながらも、「事に臨んでは危険を顧みず」の精神で日本を守って来た、織田元空将に象徴される日本人のDNA。

そのどちらも日本人の姿です。

今、自衛隊は年間4000人の募集枠を埋めることができないそうです。私達はこれ以上、矛盾を放置して、自衛官の犠牲に依存するべきではありません

山岡鉄秀 Twitter:https://twitter.com/jcn92977110

image by: 航空自衛隊 - Home | Facebook

アメリカ通信この著者の記事一覧

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。情報・戦略の観点から、また、リアリズムの視点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 』

【著者】 アメリカ通信 【発行周期】 週刊、不定期

print

  • 日本の領空は未だ特攻隊で散った英霊に守られているという真実
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け