金正恩よ、これがディールだ。微笑むトランプが突きつけた無慈悲

kitano20180621
 

合意文書にCVIDの文言もなく具体性を欠くと批判的な見方もされた6月12日の米朝会談のその後、米国が北朝鮮に対して「非核化タイムテーブルの数週間以内の提出」を要請したことが明らかになりました。果たして実現するのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、「いずれにせよ金正恩の狙いは経済制裁解除だけ、米国をだまそうとしたことがばれるのは時間の問題」との見方を示しています。

北朝鮮非核化が、【具体的】になってきた

6月12日の米朝首脳会談ですが、「共同声明にCVIDの文字がない!」「具体的でない!」「タイムテーブルがない!」などと、批判されています。それで、「大失敗だ!」「大失敗だ!」と非難されている。

一方、RPEは、「CVIDだろうが、『完全な非核化』だろうが、金がウソをつこうと思えばつける。大事なのは、非核化がなるまで制裁を解除しないことだ」「具体的なタイムテーブルづくりは、トランプの仕事ではない。トランプの役割は、『ディールの中身』を決めることだ」と主張し、「会談は大成功だった!」と書いてきました。

そして、「米朝首脳会談は大成功だった」ことの証拠というか、「非核化の具体的な工程表づくり」がはじまっています。

核計画全容「数週間内に申告を」、米が北に要求

6/17(日)20:08配信

 

米朝首脳会談で合意した北朝鮮の「完全な非核化」を巡り、米政府が北朝鮮に、核計画の全容を数週間以内に申告するよう求めていることが16日、わかった。米政府関係筋が読売新聞に明らかにした。ポンペオ米国務長官は、早ければ今週中にも行う予定の北朝鮮高官との協議の場で早期の申告を改めて迫る方針だ。

アメリカは、北朝鮮に、「数週間以内に非核化のタイムテーブルを出せ!」と要求している。北朝鮮の反応はどうなのでしょうか?

米政府関係筋は、今回の要求には「北朝鮮が非核化に迅速に取り組むつもりがあるかどうかを見極める判断材料とする狙いもある」としている。要求への北朝鮮の対応は明らかでない。
(同上)

「明らかでない」ですが、金正恩はトランプに約束した。出さないとウソつきであることを証明することになります。トランプは、「米韓軍事演習の中止」にむけて動き出し、「核戦争は嫌だから、人権問題で批判しない」といっている。つまり、トランプは、あらかじめ北朝鮮が言い訳できない状態に追いこんでいる

そして、金は、「工程表を出す前に、制裁を緩めてくれ!」とはいえません。トランプは、そんな約束していませんから。唯一できるのは、アメリカが約束した「体制保証の具体的なタイムテーブルを出せ!」と主張することでしょう。これを北が要求するのは当然ですね。

北朝鮮による核計画の全容申告は、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」に向けた大前提となるもので、トランプ米政権は申告を受け、核施設や核物質の検証を含む工程表をまとめる。「2年半以内」(ポンペオ氏)の期限も設け、北朝鮮の非核化プロセスを進めていく考えだ。

「2年半以内」という具体的な期限もでてきました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 金正恩よ、これがディールだ。微笑むトランプが突きつけた無慈悲
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい