TVプロデューサーも納得。新月から新しい事を始めた方がイイ理由

shutterstock_728336890
 

7月13日はお月様の「新月」の日。しかも今回は「日食」とも重なっているそうですが、そんな新月は「新しい事」を始めるタイミングとしてベストな日なのだとか。それは一体なぜなのか? TVプロデューサーとして「からくりTV」「金スマ」などを企画制作したバラエティプロデューサーの角田陽一郎さんは、自身のメルマガ『角田陽一郎のメルマガDIVERSE』の中で、そのきっかけを公開していますが、その理由は思わず納得してしまうものでした。

新しいことをはじめること

今日は蟹座の新月はじまりの日。はじまってないことを、はじめよう。はじめられないことも、はじめてみよう。はじまりは、何回はじめたっていいのだ 。

バラエティプロデューサー角田陽一郎です。

僕のメルマガ第2回目の配信は7月13日蟹座の新月です。このメルマガは満月と新月に発行されますが、この新月というのは、何かをはじめる日、あるいは何かがはじまる日です。そして今回は日食と重なっているそうで、日食の新月は、特に大きなはじまりのタイミングだそうです。

なんでか

いや、これ最初に書いちゃうと元も子もないのですが、何年か前にたまたま目にした、ある占星術師さんのブログで、そんなことが書かれていたからです。

新月は、ちょうど月が地球自身の影に隠れて、地球から見えなくなっているタイミング。そしてこの日から徐々に月は満ちていきます。その新月から満月までの上弦の2週間は、何か僕たちが行動を起こすことに積極的にコミットすると良いのだ、と書いてあったのです。

そして逆に満月から新月の下弦の時ははむしろ積極的に行動するより、その積極的に活動して来た2週間の成果を受けとる期間だそうなのです。

最初にその記事を読んだ時、「へー」と思いました。

特に信じるでもなく、別に信じないでもなく、ただそんな考え方があるんだ、と思っただけです。

僕は占いを信じているかいないかといえば、別にはっきりと信じているわけではありません。でも昔からテレビの占いや、雑誌の占いを、よく気にして見ていました。ちなみに思春期のころよく気にしていたのは、毎号買っていた雑誌「ぴあの占いでした。

実際、僕は獅子座ですが、その獅子座の占いなんて、日々、あるいは今週の、または今月の、なんて具合に気にしちゃえば、あらゆる運勢が日々の暮らしの中で、僕らには否が応でも目に入って来ます。そしていいことが言われている時もあれば、よくないことも言われていたり、またはラッキーアイテムだったり、ラッキーカラーだったり、まあいろんな占い情報が大量に襲って来ます

そんなふうに占い過多な僕らの日常の中で、いったいどの占いを信じればいいんだ?・・・そんなことを一度でも思ったことはみなさんだってありませんか? 僕も子供の頃から、そんなことを常々思っていました。

つまり占いは気にしちゃってつい見てしまうものの、あの占いとこの占いは矛盾したこと言ってるじゃん、どっちを信じればいいんだよ、って思ってたわけです。でもこれも、ある時、僕はこう考えるようになったのです。

占いなんて、いろんな人がいろんなことを言うわけだから、そのこと自体にはあまり意味がないのではないか?

一方で、でも僕らはその占いのご託宣と、少なくとも人生のあるタイミングの中でたまたま出会ってしまったわけです。

つまり、そのある占いのあるご託宣にある人生の瞬間に出会ってしまった僕らのタイミングというものには、何かしら意味があるのではないか

つまり、獅子座の運勢なんていう決まったものがあるのではなく、獅子座の僕の、その人生のその瞬間に出会ったその時に読んだ獅子座の運勢のご託宣を、僕自身が、その時、どう感じどう自分の人生に当てはめてみるのか? そのご託宣をどう自分の人生にフィードバックするか?

人生なんて、その瞬間瞬間の連続なんじゃないかって気づいたのです。

それ以来、僕はたまたま出会った占いを闇雲に信じるというよりは、その占いのご託宣が、今日この瞬間に僕の前に現れた意味というものを、その意味だけを気にするようになりました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • TVプロデューサーも納得。新月から新しい事を始めた方がイイ理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい