不気味な傾向。日本に上陸する台風は年々大型化し、速度も遅くなっている

 

今から20年ほど前。温暖化による気候変動に関心が高まっている頃、「台風の変化」を予測する試みを世界中の気象学者たちが行いました。発生数に関しては「増える」「減る」「変わらない」と意見は分かれましたが、強さは関してはほとんどの研究者が強まる」としました。

実際、2000年後は台風が来るたびに「戦後最大級の台風接近!」というフレーズが繰り返されましたし、私自身、台風の雨雲をレーダーで見たときに、「うわぁ、こんなにきれいなスパイラルバンド見たことない!」と驚いた記憶があります。確か2004年頃だったと思います(記憶が曖昧でごめんなさい)。

スパイラルバンドとは「台風の周囲の渦巻き状の雲」のことで、この雲がかかると突然強い雨が降ります。台風の目の周りを取り囲むように、クルクルと雲ができあがるのです。

ただ、クルッと目の周りを雲が取り囲むにはよほど強い風が吹いていないと無理。半分に切れたり、バラけてしまったり、「スパイラル」というより「カンマ」型になった雲しかそれまでは見たことがありませんでした。

ところがそのとき(2004年)レーダーに映っていたのは、台風の目の周りを「クルクル」っときれいな渦巻き状になった雨雲でした。災害をもたらす危険な雲なので不謹慎ではありますが、実に美しく。一方で「台風が変ってきているというリアルを突きつけられ抱いた「恐怖感」は今も心の奥底に残っています。

最近は「気候変動はこれまでの予想をはるかに超えるレベルで、ハリケーンや台風の危険をすでに増幅させている」との意見も増えてきました。

琉球大学や名古屋大学などが、飛行機で台風の目に近づいて内部を直接観測する技術を確立したことで、進路予測の精度は最大で16%向上しました。

先人たちが台風から人々を守るために、富士山頂でレーダー観測を始めたように今後も「人を守る技術」はより詳しく、より丁寧な予測を可能にすることでしょう。

でも、それを生かすも殺すも私たち」自身です。

image by: Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年8月8日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー

※2018年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

  • 温暖化で変わる台風の姿/「面倒くさい女たち」(8)ほか(8/8)
  • 介護は介護の問題にあらず。「福祉避難所」とは何か?/「面倒くさい女たち」(8)ほか(8/1)

いますぐ初月無料購読

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

初月無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2018年7月分

  • 「死の危険性」があるオリンピック?/オレにも言わせろ! ほか(7/25)
  • 学校の部活とずさんな時間管理/新連載「面倒くさい女たち」(7)ほか(7/18)
  • 西日本豪雨と日本のメディア/新連載「面倒くさい女たち」(6)ほか (7/11)
  • 今晩の飯に困る家庭はない?/“チュー”したい—- 「各界の大御所」編 ほか (7/4)

※1ヶ月分540円(税込)で購入できます。

※『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』(2018年8月8日号)より一部抜粋

河合 薫この著者の記事一覧

米国育ち、ANA国際線CA、「ニュースステーション」初代気象予報士、その後一念発起し、東大大学院に進学し博士号を取得(健康社会学者 Ph.D)という異色のキャリアを重ねたから書ける“とっておきの情報”をアナタだけにお教えします。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』 』

【著者】 河合 薫 【月額】 初月無料!月額540円(税込) 【発行周期】 毎週水曜日

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 不気味な傾向。日本に上陸する台風は年々大型化し、速度も遅くなっている
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい