獣医師に聞く、災害からペットを守るため準備したい防災グッズ9選

 

準備しておこう!愛犬・愛猫を守る「ペット用非常袋」

人間同様「ペット用非常袋」を家に備えておく事をお勧めします。ペットショップでも売ってはいますが、日頃から使い慣れたものやそこ子によって必要なものも違ってきますので、飼い主さんが「非常袋」の中身を揃えられる事が望ましいと思います。

しかし、何を入れたらいいのかわからないと言う飼い主さんも多いと思いますので最低、これだけはご用意して頂きたいと言うものを一例として、書かせて頂きますので是非、ご参考にしていただければと思います。

<ペット用非常袋に入れて欲しいもの>

  1. キャリーバック
  2. リード
  3. タオル(大)※寝る時のベットかわりにもなります。
  4. ペットシーツ(10枚くらい)
  5. お薬(1週間分)※持病を抱えている子は特に日頃服用されているお薬を必ず準備してあげてください。
  6. フード(ドライ、缶詰 1週間分)
  7. 水 ※人間用で構いませんが必ず軟水」にして下さい。「硬水」は、犬猫は腎臓に石ができてしまう為、やめてください。
  8. 飼い主との写真 ※もし、愛犬や愛猫がいなくなってしまった時に役にたちます
  9. ガムテープ、油性マジックペン、カッター、ビニール袋 ※ダンボールで愛犬愛猫のお家やベットを作ってあげる時に便利です

まとめ

災害は、決して予測できるものばかりではありません。

災害発生時は誰もが動揺してパニック状態になることも考えられます。

愛犬、愛猫を連れて避難する際には、いかに安全に素早く行動できるかを日頃から、シミュレーションしておくことも大切だと思います。

環境省から、災害時のペットの救護対策のガイドラインもまとめられていますのでコピーしておく事も大切な事です。

◎参考

災害時におけるペットの救護対策ガイドライン – 環境省

image by: shutterstock

佐藤貴紀(獣医師)この著者の記事一覧

satoutakanoriペットは言葉が話せません。痛い時も、嫌な事も飼い主さんたちに伝える事が出来ません。このメルマガでは、そんなペットたちと一緒に快適に過ごす為にはどうしたらいいのか?そして、家庭で簡単に応用できる知識までお伝えしていきたいと思います。病気以外の事も獣医の目線から発信していきたいと思います。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス 』

【著者】 佐藤貴紀(獣医師) 【月額】 初月無料!月額864円(税込) 【発行周期】 毎週日曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 獣医師に聞く、災害からペットを守るため準備したい防災グッズ9選
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい