【書評】1K6畳、27000円。事故物件に住んだら人間はこうなる

0918_creater
 

自殺、他殺、孤独死など、何らかの理由で人が亡くなった不動産物件、通称「事故物件」。多くの人が寄り付かない、そんな物件にあえて自ら住もうとするピン芸人「松原タニシ」さんが書いた、事故物件に住んで体験したことをまとめた書籍があることをご存知でしょうか? 無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが、そんな世にも奇妙な本について詳しく紹介しています。

91pi2t+aXDL

事故物件怪談 恐い間取り

松原タニシ・著 二見書房

カバーは黒地に文字白抜き、本体の天と地と小口も黒、開くと黒枠に囲まれた本文という、あまりに不吉な装幀の本『事故物件怪談 恐い間取り』を読んだ。赤い腰巻には「恐くて部屋に入れない…!」とある。著者は“事故物件住みます芸人”松原タニシ、松竹芸能所属のピン芸人だという。

この芸人が生活してきた事故物件での体験談実際に事故物件の住人だった人に取材した話、加えて心霊スポット、怪奇現象が起こる“ある意味”事故物件な場所での出来事などを、間取りや地図付きで紹介する。事故物件とは自殺、他殺、孤独死など、なんらかの理由で人が死んだ物件をいう。松原はこれまで、このネタで“テレビに出るために”藁をも掴む思いで、五件の事故物件に実際に住んできた。

まったく売れない芸人生活も10年過ぎ、先輩の北野誠(怪談分野で有名)に「事故物件に住まへんか?」と言われたとき、「何を言っているんだこの人は」と思うと同時に「これをできるのは自分しかいない」という根拠なき自負があったという。事故物件に実際に住んで心霊現象を検証する芸人。霊感がなく、オカルトに強かったわけでもない松原は、「人と違うこと」に執着する人だった。

「納得しないと気が済まない」人でもあった。「僕と事故物件」で13件、「誰かの事故物件」で20件、「土地の事故物件」で16件、こわい話、いやな話が収録されているが、この芸人、自分が怪異に出会ってもあまり怖がらず淡々としている。おいしいネタのためには怖くても怖くない。事故物件を求めて転々と住まいを変えた。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 【書評】1K6畳、27000円。事故物件に住んだら人間はこうなる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい