なぜ元銀行マンは仕事を辞め戸籍まで変えて温泉宿を継いだのか?

maruhon_eyecatch_20181025
 

後継者難の波は日本が誇る名湯にも押し寄せていました。今回、元『旅行読売』編集長の飯塚玲児さんが自身のメルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』で紹介しているのは、後継者問題で廃業寸前だった群馬県の沢渡温泉にある老舗温泉宿を、銀行員の職を辞し、赤の他人の養子になってまで継いだ男性のエピソード。何が彼を突き動かしたのでしょうか。

銀行マンを辞めて温泉権の継承に立ち向かった、ある湯宿のご主人のこと

まあ、温泉業界では比較的有名な話だが、銀行マンを辞して赤の他人の養子に入り上州の名湯を引き継いだすごいご主人の話である。ちなみにこれは『旅の手帖』の取材時に聞いてきたことである。こんな話である。

まず群馬県沢渡温泉は、四万温泉とともに「草津の仕上げ湯」と呼ばれたいで湯である。強酸性の草津の湯で荒れた肌を、湯治を終えた後に、この湯で整えて帰るのが往時の習わしだった。いわく「一浴珠の肌」。ナトリウム塩の保湿効果、硫酸イオンの肌の蘇生作用などもあり、よく温まり、肌のしっとり効果、引き締め効果もあるといわれる。

「4年ほど前(取材時)に完全かけ流しにして、湯の肌触りも何もかも驚くほど変わりました。今はお湯に対してクレームをいわれるお客様はいませんね」

と、「まるほん旅館ご主人の福田智さん

福田さんがこの宿の主人となった経緯には、大変なドラマがある。福田さんはもと銀行員で、営業でこの宿に出入りをしていたそうだ。そこに後継者問題でこの宿が閉鎖されると聞いて、どうにか残したいと、担当営業として買い取り手を探した。だが温泉権の問題などで話はまとまらなかったという。親族でないと温泉の権利を引き継げないというのである。正直、この名湯を代表する宿は、その時にはまさしく風前の灯だったと言える。

そして先代が、「仕方がないなぁ。付け火にあっても困るから壊しちゃうべ」と言ったとき、福田さんは「何があろうとこの湯を守らなければ」と思い、ポロリと「オレがやろうかな」とつぶやいたそうだ。

福田さんは先代からも信用されていたこともあり、その後押しもあって話はトントン拍子に進んだ。しかし、最後まで温泉権問題は残った。そして福田さんは、仰天するような考えを思いついたのである。なんと、福田さんは一家全員で先代の養子になったのである。つまり、知らない仲ではないとは言え、家族揃ってまったくの赤の他人の養子になって、そうしてこの宿を、この湯を、引き継いだのである。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜ元銀行マンは仕事を辞め戸籍まで変えて温泉宿を継いだのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい