「習い事は続けさせないとやめ癖がつく」は親のエゴでしかない

shutterstock_1027607446
 

子供の得意なこと苦手なことを見抜いてその子の将来を輝くものとするためには、どんな習い事をさせるべきなのでしょうか?今回の無料メルマガ『親力で決まる子供の将来』では著者で漫画『ドラゴン桜』の指南役としても知られる親野智可等さんが、子供を主役にした習い事の考え方を説いています。

子どもの習い事、お宅は何をやらせたい?

ある雑誌が主宰した座談会でママたちが習い事について話しあっていました。

「お宅は、何をやらせたい?私はやっぱりピアノかな。だって、ピアノをやっていると頭もよくなるって言うじゃない」

「うちは将棋にしようかなって思ってる。だって、藤井聡太ってすごいじゃない。それに将棋が強い子って、みんな算数も得意なんだってよ」

「私は体操をやらせようかなって思ってる。内村航平とか白井健三とかすごいじゃない」

「うちはバドミントンか卓球がいいかなって。バドミントンはオリンピックで金メダルだったし、卓球の美羽ちゃん・美誠ちゃんもすごいじゃない」

こんな感じで盛り上がっていましたが、私は心の中でツッコミを入れました。

「え~?何言ってるんですか~?そんなの関係ないでしょ~?藤井聡太とあなたの子ども、一体どんなの関係があるんですか?オリンピックとか美羽ちゃん・美誠ちゃんとか、あなたの子どもと何の関係があるんですか?子ども本人にまったく関係ないところでお母さんが勝手に頭の中で妄想を膨らませないでください

そもそも、「○○をやらせたいという発想が間違えています。これは、親が主人公で子どもは操り人形ということです。それこそ、子どもは将棋の駒で指し手・プレイヤーは親ということです。

もっとあなたの子どもをよく見てください。観察力を発揮してよく見てください。そうすれば、その子がやりたいことや向き・不向きもだんだんわかってきます。

体を動かすのが好きな子。はさみで切ったり糊やテープでくっつけたりするのが好きな子。虫が好きな子。テレビの画面を見て一緒に踊ってる子。積み木やブロックが好きな子。粘土が好きな子。クレヨンで何か描くのが好きな子。

子どもによって本当にいろいろです。その子がいつもよくやっていることが好きなことであり向いていることなのです。そこをもっと深掘りできるように応援してあげてください。

いつもクレヨンで何か描いている子を、体操教室に連れていってもうまくいく可能性は低いのではないでしょうか?そういう子は、お絵かき教室のほうがうまくいく可能性が高いはずです。

もちろん、100パーセントとは言い切れません。そういう子が体操を始めたらすごく気に入ってはまった、ということもないとは言い切れません。だから、ちょっとしたお試しでやってみるのはよいと思います。でも、うまくいく可能性が低いことは頭に入れておいてください。「始めたからにはやめ癖がつくと困るからせめて○ヶ月は続けなさい」などと、無理強いするのはやめてください。とにかく、子どもに親の妄想や親の願いを押しつけるのはやめてほしいと思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「習い事は続けさせないとやめ癖がつく」は親のエゴでしかない
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい