医学部入試不正に見過せない二つの差別。我々はもっと怒っていい

 

今回のような不正が起こった時、我々は怒っていいのである。私学といえども助成金という形で税金が投入されている以上は納税者としてその権利があるのである。よしんばその大学が一切の助成金を受けていないとしても、受験生は怒ってもいい。特に差別対象となる受験生にしてみれば、自分たちにとって不利となるような入試情報が開示されぬまま受験させられる訳だから堪ったものではない。

このようにたった一例であっても、差別と制度が見えないところで溶け合っているさまが露になると、何となく背筋が寒くなるような思いがする。自分も、その周囲も、医学部受験とは関係ないから、といって済ませてはいけない。これは決して許されてはならない差別の問題だからである。

image by: shutterstock.com

山崎勝義この著者の記事一覧

ここにあるエッセイが『8人ばなし』である以上、時にその内容は、右にも寄れば、左にも寄る、またその表現は、上に昇ることもあれば、下に折れることもある。そんな覚束ない足下での危うい歩みの中に、何かしらの面白味を見つけて頂けたらと思う。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 8人ばなし 』

【著者】 山崎勝義 【月額】 ¥220/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 火曜日 発行予定

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 医学部入試不正に見過せない二つの差別。我々はもっと怒っていい
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け