志を忘れたエコノミックアニマル日本は、自ら中国の下請けになる

 

そのエコノミックアニマルが政権に影響力を行使する結果、日本政府は十分な審議もせずに、外国人労働者の大量受け入れを進めようとしています。入国在留管理庁を発足させても、すでに何万人も行方不明の失踪者がいる現状ではとても追いつかないでしょう。結果として、サイレント・インベージョンを加速させることになります。

安全保障を忘れ世界情勢を理解せず、差し迫った危機を他人事のように傍観し、経済だけに専念すれば良いと考える戦後日本人の姿勢が、まさに日本を消滅の危機に追いやろうとしています。

もうとっくに経済だけで生きて行ける時代ではなくなったというのに。

アメ通読者の皆様は、たとえ今からでも、安全保障について真剣に考え、どうしたらこの国を子孫の代に残せるか、諦めずに模索して行きましょう。

山岡鉄秀:Twitter:https://twitter.com/jcn92977110

image by: Shutterstock.com

アメリカ通信この著者の記事一覧

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。情報・戦略の観点から、また、リアリズムの視点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 』

【著者】 アメリカ通信 【発行周期】 週刊、不定期

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 志を忘れたエコノミックアニマル日本は、自ら中国の下請けになる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい