M-1グランプリ炎上騒動、上沼恵美子の「軽率」だったコメント

スクリーンショット 2018-12-10 17.46.40
 

今年のM-1グランプリは「霜降り明星」という名前のとおりの新星がチャンピオンに輝きましたが、話題をさらったのは放送終了後に審査員に向けられた過激な発言でした。サッカーに関するメルマガ『J3+ (メルマ)』の著者ながら、第1回大会から欠かさず観ているM-1ウォッチャーのじじさんがこの問題に言及。上沼恵美子さんが審査コメントで「好き、嫌い」と発言するその意図を説明し、毎年のことながら今年に限っては上沼さんにも「迂闊」なところはあったと鋭い指摘をしています。

決勝10組の中で最年少「霜降り明星」がM-1王者に

2018年のM-1グランプリは12月2日(日)に行われた。決勝に進出した10組の中では最年少だった霜降り明星が最終決戦で4票を獲得してチャンピオンに輝いた和牛は3票で、ジャルジャルは0票。和牛はM-1グランプリの決勝の常連になっているが3年連続で2位。かつての笑い飯のような「毎年、優勝候補と言われながら惜しいところで勝てない。」という立ち位置になっている。出場資格を持つのは「結成15年までのコンビ・グループ」なので和牛にはあと3回の出場チャンスがあるがM-1グランプリには欠かせない顔である。

M-1グランプリは今年で14回目だったが「12月の最初の日曜日」に行われることが多い。「午後に敗者復活戦が行われて、夜に決勝戦が行われる」というのがパターンになるが、Jリーグも大詰めを迎えている時期になる。ここ最近でいうと「12月の最初の日曜日の昼間」にJ2のプレーオフの決勝戦が行われているのでサッカーファン兼お笑いファンにとっては大忙しの一日になる。今年はプレーオフのレギュレーションが変更になったので「プレーオフの2回戦の横浜FC vs 東京VとM-1グランプリ」がバッティングした。

M-1グランプリは第1回大会から欠かさずに観ていていくつかの大会のDVDも持っているので「あのコンビがあの時に披露したあのネタ」と言われたらほぼほぼ思い出すことができるほど興味を持っているが、今年の大会は後味の悪い大会になってしまった。霜降り明星がチャンピオンに輝いたが話題の中心になっているのは審査員を務めた上沼恵美子さんに対してスーパーマラドーナの武智さんととろサーモンの久保田さんがインスタライブで痛烈に批判した件。その後、2人は上沼恵美子さんに謝罪したが大炎上している。

久保田さんは「そろそろ辞めてください」、「自分目線の自分の感情だけで審査せんといてください」、「お前だろ、分かるだろ、一番右側のな!」と発言。武智さんは「右のオバハンや。右のオバハンにはみんなうんざりですよ」、「『嫌いです』って言われたら、更年期障害かって思いますよね」などと発言したが大御所中の大御所である上沼恵美子さんに噛みつくというのは相当なチャレンジャーである(とろサーモンは2017年のM-1王者。スーパーマラドーナは今年も決勝に進んだが7位に終わった)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • M-1グランプリ炎上騒動、上沼恵美子の「軽率」だったコメント
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい