【書評】元中国人が暴露「史上最大のウソ集団」中国共産党の実態

1210_creater]
 

メルマガ『石平の中国深層ニュース』で毎回中国社会の深層を掘り下げた記事を配信してくださっている石平(せきへい)さんが、またまた中国の「不都合な真実」を記した書籍を上梓しました。そんな1冊を、今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で、編集長の柴田忠男さんがレビューしています。

71ZS0eLqEXL中国五千年の虚言史 なぜ中国人は嘘をつかずにいられないのか
石平 著・徳間書店

石平『中国五千年の虚言史 なぜ中国人は嘘をつかずにいられないのか』を読んだ。著者は日本に帰化した元中国人だが、中国人がなぜ嘘をつくのか、その歴史と淵源を調べ、著者なりに解説を加えたこの本をまとめてみると、「中国の歴史ではいかに嘘が重要なキーワードになってきたかということに正直私も驚いた」と「はじめに」で書いている。中国人は息を吐くように嘘をつく。

中国は何度も王朝交代を繰り返し、ときには数百年間、異民族に支配されてきた歴史もある。モンゴルに支配された時代は「モンゴル史」の一部だ。にもかかわらず、中国はチンギス・ハーンを自国の民族英雄に仕立て無理やり中国人だったという歴史の捏造を行っている。えー、うっそ~、笑えるぅ~。

「だいたい、中国に5,000年の歴史があるかどうかも疑わしい。それ自体が『嘘』という意味を込めて、『中国五千年』と謳った」という。各章のタイトルがステキ。

  • 第一章・中国共産党という史上最大の嘘集団
  • 第二章・なぜ中国人は平気で嘘をつくようになったのか
  • 第三章・中国では建国も亡国も嘘から始まる
  • 第四章・嘘で国を盗った者たち
  • 第五章・中国三大嘘つき列伝

中国の歴史上、もっとも大きな嘘をつき続けているのが中国共産党であり、中国大陸に大きな悲劇をもたらし続けている。中国共産党の創立は1921年だが、主導権を握っていたのはコミンテルンである。最初からソ連共産党の中国支部的存在だったが、現在の中国の小学校で使用される教科書には、コミンテルンやソ連共産党との関わりは一切示されておらず、完全に隠蔽されている。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】元中国人が暴露「史上最大のウソ集団」中国共産党の実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい