世界が失笑。桜田「USBって何?」大臣が加速させる日本の衰退

 

一方で、同じ大臣バッシングでも、片山さつき地方創生相の場合は違います。桜田大臣の場合は、スキルがなさすぎてバッシングされていますが、片山大臣の場合はありすぎるからバッシングされている、そんな構造があるからです。

この方は、本当に頭脳の回転と記憶力が良い人物です。ですが、同じ秀才型女性政治家でも、野党議員とは違って実務が出来てしまうわけです。そうすると、それこそ桜田議員のような「年功で威張っている高齢男性などはカチンと来る、そんなことが想像できます。

また、主計官時代に潜水艦予算に厳しい査定をしたとか、最初は小泉チルドレンとして守旧派に対する刺客で登場したということにより、おかしな偏見を背負わされているということもありそうです。

生活保護ネタなどで都市部のネトウヨ票を掘り起こす姿勢は、全く感心しませんが、それも組織票をあてがわれていないという、党内でのイジメの結果という見方も可能であり、そう考えると「ネトウヨへの煽り」はヒドいにしても、そのまま100%額面通り受け取るわけは行きません

そんなわけで、桜田議員に関しては猛省と奮起が出来なければ辞めていただきたい一方で、片山議員に関しては、どうしても同情的になってしまうのです。

image by: 片山さつき - Home | Facebook

冷泉彰彦この著者の記事一覧

東京都生まれ。東京大学文学部卒業、コロンビア大学大学院卒。1993年より米国在住。メールマガジンJMM(村上龍編集長)に「FROM911、USAレポート」を寄稿。米国と日本を行き来する冷泉さんだからこその鋭い記事が人気のメルマガは第1~第4火曜日配信。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 冷泉彰彦のプリンストン通信 』

【著者】 冷泉彰彦 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 第1~第4火曜日発行予定

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • 世界が失笑。桜田「USBって何?」大臣が加速させる日本の衰退
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け