新年会シーズン! ビールなど「乾杯」にまつわるアンケート結果発表

2019.01.11
3
154708301438922700.jpg
 

備前焼のまちづくり推進協議会は、2018年11月30日~12月3日の期間において、20歳~49歳のお酒を飲む男女500名を対象に「乾杯」に関する調査を実施。このたび、その結果が発表されました。

新年会シーズン!ビール等「乾杯」にまつわるアンケート

新年会が開催されるこれからの季節、乾杯する機会がさらに増えると思います。乾杯する際にはどんなお酒で乾杯することが多いのでしょうか。結果は「ビール(61.6%)」と回答した人が最も多いという結果になりました。続いて多かったのは、「酎ハイ(13.2%)」。全体的には、やはり定番であるビールを乾杯時に飲む人が圧倒的に多いということが見て取れます。また年代・性別で見てみると、40代男性の75.9%が「ビール」と回答したのに対し、20代女性は47.6%と大きな差がありました。

 また、なぜ1杯目にビールを飲むのかという理由を回答してもらいました。

「味が好きで翌日に残らない」(京都府・23歳男性)
「とりあえずビールの時代を生きているから」(長野県・29歳男性)
「アルコールはあまり強くないので、飲むならビールしかない」(北海道・43歳男性)
「甘くなく、乾杯はビールと決めているから」(奈良県・28歳女性)
「初めはビール」(鳥取県・38歳女性)
「最初の一口はさっぱりすっきりしたもので、豪快に乾杯したいのでビール」(福島県・46歳女性)
「周りと合わせるため」(北海道・33歳女性)
「みんなが頼むから合わせて頼んでいる。早く到着するように」(埼玉県・29歳男性)

新年会シーズン!ビール等「乾杯」にまつわるアンケート

三が日はもちろん、ここからは仕事絡みの新年会なども増えていくと思われますが、それに伴って、乾杯する機会も増えていくもの。そこで、新年会の乾杯において失敗してしまったことがあるかを質問したところ、11.7%の人が失敗したことがあると回答。10人に1人という割合ですが、1年の始まり、新年会、かつ乾杯の瞬間という限定されたシチュエーションであることを考えるとそれほど少ないとはいえません。

また、失敗経験のある人に、どのような失敗をしてしまったことがあるのかを回答してもらいました。

「乾杯を勢いよくやり過ぎてジョッキを割ってしまったことがある」(長野県・29歳男性)
「面白いことを言いたかったが、すべった」(愛知県・46歳男性)
「幹事をやっていたが、テンパってしまって、乾杯の音頭をする人を上手く紹介できなかった」(秋田県・38歳男性)
「1人先に飲んだ」(石川県・23歳男性)
「手が滑ってビールを落としてしまい、前菜にお酒が入り、最初の乾杯の雰囲気を白けさせた」(愛知県・44歳女性)
「ワインを頼んだら、なみなみきた。そこの飲み会は最初の一杯は一気飲みで、お酒が弱いわたしはすぐに出来上がってしまった」(北海道・26歳女性)
「乾杯で話すことをメモにまとめてきたが、その紙を忘れてしまいグダグダになってしまった」(北海道・29歳男性)
「自分が幹事でもないのに乾杯の挨拶をしてしまった」(栃木県41歳男性)

新年会シーズン!ビール等「乾杯」にまつわるアンケート

SNSが普及している昨今。料理や乾杯の瞬間など、飲み会の様子を写した投稿がよく見受けられます。どのくらいの割合の人が乾杯の瞬間を写真に収め、SNSに投稿しているのかどうかを調べました。全体の結果としては、16%の人が「投稿することがある」と回答。世代性別間で最も差があったのは、20代女性と40代女性でした。20代女性の25%が「投稿することがある」と回答した一方で、40代女性は7.2%と大きな差がありました。

新年会シーズン!ビール等「乾杯」にまつわるアンケート

“インスタ映え”という単語が流行って久しいですが、なみなみと注がれたビールも“インスタ映え“するもの。そこで、 どのような容器に注ぐとビールが“インスタ映え”すると思われているのかを調査しました。

最も回答数が多かったのは、飲食店で提供される際にも多く見られる「ビアジョッキ」と「一般的なグラス」。続いて、飲食店でビールを注文した際にはあまり一般的ではない「陶器のビアマグ(17.0%)」が3番目となりました。

新年会シーズン!ビール等「乾杯」にまつわるアンケート

飲み会だけでなく、自宅でリラックスしながらビールを楽しむという人も多いと思います。どのくらいの頻度でビールを飲むのかを回答してもらいました。「自宅でビールは飲まない(23.6%)」と回答した人を除いて、最も多かったのは、「週1回(13.8%)」、続いて「毎日(12.2%)」という結果が明らかになりました。比較的多くの人が、頻繁にビールを自宅で飲んでいるという印象です。また、20代女性では2.4%の人が「毎日」と回答したのに対し、40代男性の24.1%の人が、「毎日」と回答しました。

新年会シーズン!ビール等「乾杯」にまつわるアンケート

頻繁に自宅でお酒を飲む人がいるという事実が明らかになった中、自宅でお酒と飲む際、容器にこだわりを持っている人はどのくらいいるのかを質問。その結果、「ある」と回答した人が21.8%という結果に。

また、自宅でお酒を飲むときに容器に対して、どのようなこだわりがあるかについても具体的に回答してもらいました。

「できれば陶器のビアジョッキ」(徳島県・42歳女性)
「好みの容器」(徳島県・47歳女性)
「最近は陶器みたいなコップにはまってます」(北海道・26歳女性)
「なるべく温度が上がらない容器」(新潟県・47歳女性)
「ビールが泡立つグラス」(北海道・26歳男性)
「お酒の種類でグラスも分けています」(京都府・44歳女性)
「陶器のようなごつごつした容器を使う」(滋賀県・28歳男性)
「冷凍庫で冷やしたジョッキ」(神奈川県・36歳男性)

新年会シーズン!ビール等「乾杯」にまつわるアンケート

さらに、こだわりが「ある」と回答した人に対し、ビールを飲む際、容器によって美味しさは変わると思うかどうかを回答してもらいました。「そう思う(63.3%)」「どちらかと言うとそう思う(33.9%)」を合計すると、97.2%もの人が容器よってビールの美味しさが変わると考えているようです。
美味しさが変わると思う理由についても質問。香りや味、見た目が理由として上がりました。

「見た目も大事だから」(石川県・28歳男性)
「飲み口の大きさによって香りの広がりが違う」(新潟県・29歳男性)
「容器が違うと美味しく感じる」(香川県・29歳女性)
「陶器のコップで飲むと陶器の風味も入るので余計美味しく感じる」(大阪府・34歳女性)
「缶と瓶では味が違う気がするので」(福井県・45歳男性)
「泡立ちの具合が変わるから」(福岡県・49歳男性)
「温度の違いで味に変化が出るから」(宮城県・29歳男性)

新年会シーズン!ビール等「乾杯」にまつわるアンケート

ビールをどの容器で飲むと美味しいと思うかという質問に対しては、68.6%の人が「ビアジョッキ」と回答。続いて、2番目に回答数が多かったのは「陶器のビアマグ(タンカード)」でした。容器によって美味しさが変わる理由にあったように、風味や泡、温度などにおいて美味しく飲めるということか、「ビアジョッキ」「陶器のビアマグ(タンカード)」が支持を集めるという結果になりました。

新年会シーズン!ビール等「乾杯」にまつわるアンケート

今回の調査によって、乾杯に関する実態が明らかに。新年会などで乾杯する機会が増えてくるこれからの季節。飲食店だけでなく、親戚や友人などと自宅に集まることも多いのではないでしょうか。1月10日(木)より、見た目にも美しく、ビールをより美味しく飲める備前焼のビアジョッキなどが抽選で合計1,500名に当たるる新春特別企画「ビールが喜ぶ器 備前焼で乾杯!」を実施中です(※応募期間:2月11日まで)。ぜひチェックを。

<関連サイト>
新春特別企画「ビールが喜ぶ器 備前焼で乾杯!」
https://bizenyaki-cp.jp

記事提供:Entame Plex

人気のオススメ記事

  • 新年会シーズン! ビールなど「乾杯」にまつわるアンケート結果発表
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい