アマゾン創業者の離婚騒動でハッキングによる脅迫疑惑が浮上

9489389920_b640002265_b
 

海外のメディアのニュースを、日本のマスコミではあまり報じられない切り口で本当はどういう意味で報じられているのか解説する、無料メルマガ『山久瀬洋二 えいごism』。今回は、アマゾン創業者・ベソスの離婚騒動が巻き起こした報道の論理について解説しています。

アマゾン創業者・ベソスの離婚騒動が巻き起こした報道の論理とは

Attorney claims National Enquirer threat to publish Bezos photos was ‘journalism,’ not blackmail.

訳:弁護士は、ナショナルエンクイラーのベソスへの写真の公開の脅しはジャーナリズム活動の一環であって、脅迫ではないと主張
(Washington Post より)

【ニュース解説】

アマゾンの創業者であるジェフ・ベソス Jeff Bezos の離婚騒動思わぬ政治スキャンダルになろうとしています。

ことのおこりは、ジェフ・ベソスが長年連れ添った妻マッケンジー・ベソスMacKenzie Bezos との離婚を発表したことにはじまります。タブロイド紙ナショナル・エンクイラー National Enquirer が、その離婚の背景にあるベソスのガールフレンド、ローレン・サンチェス Lauren Sanchez との情事を暴こうとしたのです。

有名人のスキャンダルをメディアが暴くことはよくあることで、それ自体は報道が事実に反した誹謗でないかぎり合法的な行為です。
しかし、この問題にベソスは強く反発します。ベソスは、アメリカを代表する新聞社ワシントン・ポストのオウナーであり、同紙が現在トランプ大統領の様々なスキャンダルをおいかけています。
反して、ナショナル・エンクイラーの最高経営責任者のデイビッド・ペッカー David Pecker が、トランプ大統領を支持しており、大統領の政治顧問でもあるロジャー・ストーン Roger Stone とも交流があるのではといわれていることが、ベソスの反発の背景にあるようです。
ベソスは、ペッカー側がメディアなどでの大統領への攻撃を続けるなら、ベソスの極めてプライベートなスキャンダルの内情を暴くと脅しをかけていると主張します。それに対してベッカー側はあくまでもベソスに関する様々な違法行為や情事を記事にする調査であって、違法性はないと主張しているのです。

タブロイド紙が、有名人や影響力のある人物に対してスキャンダルをネタに様々な情報を得ようとすることはよくあることです。今回は、ベソスのガールフレンドであるサンチェスの兄弟からの情報のリークがあったのではともいわれています。さらに、ベソスの離婚の発表があった後にしか知り得ないような情報をナショナル・エンクイラーが入手しており、そこにはハッキング行為が介在している疑いも強いのです。
ワシントン・ポストは自社がベソスに所有されていることをしっかりと紙面で解説しながら、そうした事件について報道をしているのです。ナショナル・エンクイラー National Enquirer の親会社にあたるAMI(American Media Inc.)に対して、こうした行為が単なるタブロイド紙の「下品」な報道の域に収まらず、違法性すらあるのではないかと、同紙は解説します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • アマゾン創業者の離婚騒動でハッキングによる脅迫疑惑が浮上
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい