ユリ・ゲラー「EU離脱を超能力で止める宣言」はトンデモじゃない

shutterstock_1212118843
 

世界的に注目を集めている英国のEU離脱問題について、かつてスプーン曲げなどで日本に超能力ブームを巻き起こしたユリ・ゲラー氏が「EU離脱を超能力で止める」と声明を発表し話題になっています。これについて、このニュースを笑い話にして片付けてはいけないと警鐘を鳴らしているのが、人気有名ブログ「きっこのブログ」の著者にして、メルマガ『きっこのメルマガ』を創刊したばかりの「きっこ」さん。きっこさんが英語で書かれた全文を読み解いた内容について、メルマガ記事を一部抜粋した「チョイ見せ」でご紹介します。

ユリ・ゲラーさん記事をトンデモニュースだと勘違いする日本人

英国は今、EU離脱問題で大騒ぎになっていますが、3月24日付の時事通信が次の記事を配信しました。皆さんは、この記事を読んでみて、どのような印象を受けたでしょうか?

「ユリ・ゲラーさん、EU離脱を超能力で止めると宣言」(2019年3月24日)

【ロンドン時事】スプーン曲げで有名な自称「超能力者」のユリ・ゲラーさんが、英国の欧州連合(EU)離脱を超能力で止めると宣言した。
英EU離脱はさまざまな政治的力学が働く中で行き詰まっているが、「超能力」で英国が進む方向を曲げられるかに関心が集まっている。ゲラーさんは22日、
フェイスブックの公式アカウントにメイ首相への公開書簡を投稿。その中で「ほとんどの英国人がEU離脱を望んでいない、と心霊的に非常に強く感じる」と訴え、
「あなたが英国をEU離脱に導くのを私は許可しない。私が超能力でそれを止める」と表明した。ゲラーさんはイスラエル生まれだが、英国のメイ首相の選挙区内に住んでいたのが縁で、20年以上にわたって首相と交友があるという。メイ氏の首相就任も「予言した」と主張している。ゲラーさんの投稿に対しては多くのコメントが寄せられ、「もう既に議員の多くは折れ曲がり転向している」などと指摘する声も上がっている。【時事通信社】

時事通信が配信したこの記事を、そのままニュアンス通りに読んだとしたら、この記事の本意を正確に受け取ることができた人は少数だったと思います。
そして、大半の人は、面白おかしい海外の「トンデモ記事」のひとつのように感じたと思います。それは「自称超能力者」という表現を始め「心霊的に非常に強く感じる」や「予言した」など、この記事を書いた記者自身が超能力など存在しないという立場から書かれたような記事だからです。そして、この記事に書かれた内容を鵜呑みにした人たちは「まだユリ・ゲラーはこんなことをやっていたのか」という結論に達し、この記事に関する思考を停止してしまうのです。

でも、本当にそれでいいのでしょうか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • ユリ・ゲラー「EU離脱を超能力で止める宣言」はトンデモじゃない
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい