不明のF35A戦闘機、防衛省「墜落」断定。無線で訓練中止の連絡も

2019.04.10
122
by gyouza(まぐまぐ編集部)
1024px-F-35A_flight_(cropped) copy
 

NHKなどが速報で伝えたところによると、航空自衛隊は9日19 時27分ごろ、青森県三沢市の北東135kmの海上で、航空自衛隊三沢基地に所属する最新鋭のF35戦闘機1機が、訓練で飛行中にレーダーから機影が消えた件について、防衛省は10日、機体の尾翼の一部が現場周辺で見つかったことから「墜落」と断定した。パイロットは発見されておらず、自衛隊は引き続き捜索にあたっているという。

この機体にはパイロット1名が搭乗しており、およそ30分前の19時頃、三沢基地を離陸したということで、航空自衛隊は詳しい状況の確認を急いでいる。

朝日新聞などによると、他の機体とともに夜間訓練中だったとみられる。

岩屋毅防衛相は10日、墜落した同機が「訓練を中止する」と無線通信し、その後レーダーから機影が消えたことを明らかにした。航空自衛隊は、「パイロットが直前に何らかの異変を認識していた可能性がある」とみて、訓練中止の経緯など調べる方針。

現在、航空機や艦艇を出して捜索にあたっているという。

同機は、ステルス性能を備えた最新鋭の戦闘機で、2018年1月から三沢基地で配備が始まり現在13機運用されている。防衛省は残りの12機について当面、飛行を見合わせることにしたとしている。

また、同機はレーダーに映りにくいステルス性能を持つが、訓練中は機体から位置情報が発信され、飛行を把握できる仕組みになっているという。

image by: U.S. Air Force photo by Master Sgt. Donald R. Allen [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で

print
いま読まれてます

  • 不明のF35A戦闘機、防衛省「墜落」断定。無線で訓練中止の連絡も
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け